藤野可織の本

ほんのきもち

ほんのきもち 朝吹真理子

贈りものにまつわる物語。豪華な先生方のお名前がずらり。〝ほんのきもち〟に込められた思いが贈りものの素敵なところです。このお菓子美味しかったから、あの人にも食べてもらいたいなぁ、と、私の場合はそんな軽い気持ちから始まります。相手に喜んで貰いたい気持ちは、知らず知らずのうちに自分の喜びにも繋がっていたり。一緒に過ごす時間だけでなく、離れている時も大切な人達のことをゆっくりと考えたい。お互いにちょっとした幸せをシェア出来ること、それってなんだか楽しい。

17df5234 b9e5 4ab1 aab4 edf1339aef9e3ecfa6e2 dbd5 4560 82db bd99dda82dcdIcon user placeholder
パトロネ

パトロネ 藤野可織

同じ大学に通うことになった1k住まいの姉妹。途中から気づいたほんのりミステリ-。ラストから見返しても結局どっただったのか。。不思議な話

8f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7faBd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36
本なんて!作家と本をめぐる52話

本なんて!作家と本をめぐる52話 芥川龍之介

0181 2020/02/12読了 いろんな作家の本にまつわるエッセイ。本への愛が伝わってくる。本という存在が生活に根付いているなあ。 塩一トンの読書、捜しものはなんですか、本の香り、吹き寄せられたページたち、釣りと読書、韓国みやげ、本を読む人が好き、知らない作家の本を読む人、書斎の猫、だめな喫茶店、押し葉が本のあいだから、つか見本 すきだったな。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f5647a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfEc071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f234d0023 c28c 44ab ac21 b2d5f88e802c
ファイナルガール

ファイナルガール 藤野可織

“可織”がすっと変換できないのが悩ましいところです。ちなみにファイナルガールが一番好きです。

12星座小説集

12星座小説集 橋本治

蠍座、B型、女、(長女)。 この共通点がある人とは、会ってその日に何とも言えない通ずるものがあって、しばらく連絡をとっていなくても、急に思い出して無性に会いたくて話したくて堪らなくなることが多い。私の場合。厄介者同士か。 単に産まれた日によって分けられる星座、だけれど、人間も動物で、星か宇宙かなにかそんな壮大なものの影響は確実にあると思う。 それぞれの星座にまつわる物語を、自分の生まれの星の作家が綴るアンソロジー。姫野カオルコが乙女座、と知っては〜ん、さすが、裏切らない、と唸ってしまった。 ちなみに、蠍座の物語、書き出しがすごく好き。

F37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf91bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730fe453f23e4 9c0d 4a6a a99c ba05b1900b9d75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec03
文学ムック たべるのがおそい vol.1

文学ムック たべるのがおそい vol.1 穂村弘

短編は苦手だが、テレビで紹介されていたので完全にミーハー気分で購入。もちろん今村夏子著の『あひる』を読んだ。読み進めるうちに何かとんでもない展開になるのかと思いきや、そこまでのことはなく物語は終わる。これが純文学というものでしょうか? なかなか慣れないなあ。とは言え、わりと面白く読めました。たまにはこういう小説を読むのもいいかも知れない。

De232267 052d 400b bc60 0ac4afae644c1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752075e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0313b86e4d b20b 462b ae6a 47244c581e776cad0e59 f89d 42e2 bbe3 d074933c1335Ce6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af35a759f6f d903 438e 8f96 1e202ebabc39 11
爪と目

爪と目 藤野可織

最近活字を読むようになってきました。 文章のみならではの薄気味悪さが伝わってきて、漫画では表せないものだなぁと思いました。だから活字を読む面白さを知りはじめました。 女性作家が「女」を書くととてもリアルでべったりとした怨念みたいなものを感じます。まるで自分のことを言われているようで、結構ショックを受けました。こわいんだけど目を背けちゃいけない。じわじわ気持ち悪い感じが残っているのですが、それが結構クセになりそうです。

8882723f c37f 49b9 88aa 82ac48c10498Icon user placeholderA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186fF060dddb 03e9 4547 8591 84afdcd4d7792c6d3829 6955 4aba b6b3 a92c287975a1Bd080493 0c94 44e6 8353 048ac9ddba36
爪と目

爪と目 藤野可織

わたしの爪であなたの目が正しくものを見れるように

Bd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c8717524bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb72d1e8bcb 860c 4a49 b1d8 ea9deb2a3c9dE43f002e 1241 4977 aa1b cdbc58e2c6ad48b8c55e 0ea8 4b52 8fa2 66d3dfd96988