施川ユウキの本

バーナード嬢曰く。(5)

バーナード嬢曰く。(5) 施川ユウキ

一巻では全然本読んでなかった町田さわ子が、今ではちゃんと本読んでる衝撃(笑 今回のツボ ・ハリポタVSダレン・ジャン ・トンデモミステリと言えばあのレンガ本 ・すっかりド嬢にデレてる神林

バーナード嬢曰く。 (4)

バーナード嬢曰く。 (4) 施川ユウキ

読書家あるあるマンガの第四弾。 「何かを褒めるとき、最初に落としてから持ち上げるパターン、やめたほうがいいよ」 ド嬢(町田さわ子)の一言が刺さる。やりがちだなー、これ。

ヨルとネル

ヨルとネル 施川ユウキ

手に取ったのは絵柄が好みでかわいいからでしたが、小人の二人が旅する中での日常的なやりとりがクスっと笑えたり切なくなったり。 ラストまで是非読んで欲しい。 心に残る作品です。

A9dc6633 f1a2 499f 9323 2b97ee39c3150b37fba6 25c3 4780 b55c 9f4dc29d6944A021efde 236c 4c38 9150 d46c55b626ce75e54cd0 91fc 4138 bea3 918e00dcec0343974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5dAfbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535
バーナード嬢曰く。: 3

バーナード嬢曰く。: 3 施川ユウキ

待望の最新刊。町田さわこが本読むようになってきてる。登場人物の関係も深まっている。面白い。個人的びには、コニー・ウィリス『犬は勘定に入れません』が取り上げられ嬉しい。

75657d05 f8af 4ca9 b80b d54f664b8b0121d4e0ce 7713 4310 a55c be98f03b2f86
バーナード嬢曰く。 2

バーナード嬢曰く。 2 施川ユウキ

本好きあるあるマンガの第二弾。 魅惑のブックガイドとしても、メチャ面白い。 神林さん大好き! 何よりも昔の自分を見せられてるような、ちょっと背伸びして、本読んでる感が懐かしくてウルウル来る。 こういう感性ではもう読めないもんね。

5ef76703 5827 48be 8c07 5204248eb828C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d116154771887d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535 15
バーナード嬢曰く。: 4

バーナード嬢曰く。: 4 施川ユウキ

"本好きが、たとえ序盤が退屈であろうと本を読み続けるのは、本の魔法を信じてるから。" このアプリを楽しむ方すべてにおすすめしたい漫画。2018.8

92ba8856 ba0e 4fd9 b549 42afaab3a3af44836f62 c5ba 41c1 aa7b 4dec913c11fdF498cf2c a42e 430c 93e8 92001c6160160b40987d 47a2 46e4 a868 7580bb71108bCae080f4 0cd6 4474 8f44 c18c76bce3bdIcon user placeholderIcon user placeholder 13
バーナード嬢曰く。 3

バーナード嬢曰く。 3 施川ユウキ

町田さわ子(ド嬢)の読書に対する自由さに、じわじわメンタルを侵食されている神林がイイ!本読むのはこれくらい自由で良いんだよね。

C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f88400f8c41 6723 4065 9187 55b3f3d826af440d2672 686c 4e69 9add ce54bfdbb858E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d116154771887d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dDa0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d82ce18cc4 8eb4 4cc7 a21b 71a6b2db5e1b 10
オンノジ

オンノジ 施川ユウキ

突然人のいなくなった世界で暮らす少女とフラミンゴの非日常系日常4コマ漫画です。 ギャグのキレが良く、なにより主人公の少女ミヤコの性格がぶっとんでいて面白いです。 ラストに盛り上がりがあって、読後感も非常に良いです。

バーナード嬢曰く。

バーナード嬢曰く。 施川ユウキ

図書室の常連、町田さわ子(表紙の人)。 彼女はいつも小難しげな本を持っている。それは彼女が知的で賢い素敵な読書家……だと周りに見せたい人だから。 読まずして名作を語る、名文を引用したいがために小説に挑むなどなど、彼女は無茶な暴走を繰り返し、他の登場人物にツッコミを入れられ、時に呆れられ、たまに殴られる。 そんなちょっとマニアックな図書室ギャグ漫画。 最近「読書は廃れつつある文化なのでは?」と思う事もあるけれど、この本を読んでると笑いと共に「関係ねぇ!読みたいから読むんだ!ちょっと自慢したい気持ちもあるけど!!」と、読書欲をチクチク刺激される。Standのユーザーなら分かってくれるだろうか。 続刊も買います。

E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8801196d5 8c77 4f11 b225 35cc4b0d120e288da534 a338 441b 8fd2 44bb5fdfe15e1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdB5e9b87d c16c 4f73 a605 d03cfa1bec86C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b76Icon user placeholder 44