山下恒夫の本

大黒屋光太夫 : 帝政ロシア漂流の物語

大黒屋光太夫 : 帝政ロシア漂流の物語 山下恒夫

「おろしやこく酔夢譚」以来の大黒屋光太夫です。 漂流→ロシアでの帰国までの活動を通して、江戸時代歴史を変える力のある人間が突然出てきたのではなく、そんな人材を育成できる土壌があったという事を強く思います。 作者の山下恒夫さんの文章もよみやすく楽しめました。