瀬尾まいこの本

運命の人はどこですか?

運命の人はどこですか? 飛鳥井千砂

もっと恋愛モード全開の話かと思ったがそれほど...いや全然そんなこともなくて 短編ならではの物足りなさも感じつつさらっと読んでしまいました。 どれもタイトルほどの印象深さはない。 ただ西さんの話は突出してぶっ飛んでいたような気がする。

Eb816203 c195 4d42 99c6 a4624202909dA0ba5252 044e 4934 abed cf55336f730eBe9877e5 3c57 45c1 8551 9c9376d0331bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c79700d7f2b7 f7df 42aa b8aa 08d6aa31f01f
春、戻る

春、戻る 瀬尾まいこ

年下の兄。敬語で話し合う婚約者。過去の傷。それらすべてに花のような祝福を。

C0378ab4 fe92 4a46 98d4 c28fbb1a40bd9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa35476F11a515a 071a 41f8 be4c 45d52007eafaEf861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443dCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921844225c5c8 10f3 48ed bf29 51aa6fcaa35aF70eca95 2013 4a38 aa88 170ef7168a41 11
強運の持ち主

強運の持ち主 瀬尾まいこ

とてもほっこりする1冊だった。 スルスルと読破できる心地良さがあった。

E1f82eb1 b3d0 4ca0 bb5b 97d04042b6f8Icon user placeholder6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c953faee56 087c 4df2 bf35 2817db8d08e28077ed0a 4b29 4269 8c36 2c2aefd7115349ebecb5 406b 49a2 b510 44c155460869F2e05104 3d2f 4fa5 8e34 059f1d2e71d4 59
あと少し、もう少し

あと少し、もう少し 瀬尾まいこ

涙に導かれる。 走れば走るほど、駅伝選手の中学生の心の内が剥き出しになり、全開にされた心から目を背けることはできなくなる。 完走が目的ではない。 次に繋ぐことが目的だ。 誰も彼も1人だが、1人きりにはなれない。 個人的には大田くんが好き過ぎて、読まれると好みのタイプがバレるので、読まないでください。

8077ed0a 4b29 4269 8c36 2c2aefd71153Icon user placeholder6af2776b 68c7 4860 ae3c 610e6086cbb0499e7360 9d7c 4f42 93b0 7ad912b463d7220b7e4e 70e7 4af3 9ddd 4ecc0b33c328Icon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 56