高橋留美子の本

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11
めぞん一刻(1)

めぞん一刻(1) 高橋留美子

響子さんはThe女。五代と三鷹とのぬるい三角関係に浸り続けてハッキリしない。気分もコロッと変わるし嫉妬深い。なんだけど憎めず気になってしまう女性だし、話は毎回コミカルな着地をするから重くしなりすぎない。高橋留美子のここらへんのバランスは天才的。

A621e03d 92a8 47fd a1ee 1402be5069869f5563d9 001e 49ff af6d 6e6b0d96d805
しゃばけ漫画 仁吉の巻

しゃばけ漫画 仁吉の巻 柴田ゆう

古本屋で購入。原作をそのまま漫画化したお話もあれば、漫画家さんオリジナルもあり。佐助の巻も同様。個人的には、原作に沿ったものはおもしろいけど、漫画家さんオリジナルは二次創作の域を出てない気がして微妙。原作への愛が強い人にはオススメしない感じでした。

人魚の森

人魚の森 高橋留美子

とても長い時間の中のほんの一部を切り取ったような、すてきな二人だな、思えば高橋留実子の漫画はほとんど知らないし読んだことないんだなあ