久世光彦の本

もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について 芥川龍之介

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

一九三四年冬―乱歩

一九三四年冬―乱歩 久世光彦

スランプ中の乱歩が美貌の青年や人妻に翻弄されながら小説を執筆する、というフィクションだが、著者は乱歩の趣味嗜好をよく研究したらしく、リアリティ溢れる乱歩を描くことに成功している。 さらに著者は、“乱歩がスランプ中に書いた小説”をいかにも乱歩っぽい文体で書いており、いわば贋作だが、なかなか読み応えがある。 ページを捲るごとに“昭和”が匂い立ち、気がつけば“乱歩”に同化していた。そんな一冊だ。

乳房

乳房 伊集院静

「眠る鯉」を読んだ直後から読み始めたのですが、こちらは結構良かったです。 私が感情移入できる人物はやはりいないものの、短編として切り取ったシーンにそれなりの意味を見出せましたし、伝えたいことが言葉の意味からではなく、伝わってくることに作品の質を感じました。 中でも「残塁」と「桃の宵橋」は好きです。特に「桃の宵橋」の娘、母、父の関係ととある仕事の関係が、非常に面白かったです。 ただ、「桃の宵橋」を除く短編の主人公(男、さえない、泣き言多い、都合よ過ぎる、流されやすい)がちょっと。また、そこに作者の影や、佇まいみたいなものまで感じ取らせるので(表題作「乳房」は有名な奥様の事を連想させずにはいられないでしょうし、ある意味チープな同情を呼ぶ話しに、また自分に都合良い話しなってしまっていて何だか悲しい)そこらへんをどう考えるかで評価が分かれるのでしょうけれど、私個人の感想は、伊集院さんの個人的な歴史を無いものとして考えても、どうしても自分を割合棚に上げての哀愁を感じさせる、つまり少し自分に酔ってしまった感じがしてしまうところが少し気になりました。もう少し上手く隠すことで伝わる何かがあったのではないか?と。また、主人公を女にして「桃の宵橋」が書けるなら、もっとできたのでは?と思わずにはいられなかったので。 それでも、読んで良かった短編集です。大きな出来事の後に残る、言葉に出来ない何かを思い出して見たい方、少し弱ってる男性にオススメ致します。 2008年 5月

53f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d35832C884075b 2545 45fd bfa7 4779d2f2e5f4
本なんて!作家と本をめぐる52話

本なんて!作家と本をめぐる52話 芥川龍之介

0181 2020/02/12読了 いろんな作家の本にまつわるエッセイ。本への愛が伝わってくる。本という存在が生活に根付いているなあ。 塩一トンの読書、捜しものはなんですか、本の香り、吹き寄せられたページたち、釣りと読書、韓国みやげ、本を読む人が好き、知らない作家の本を読む人、書斎の猫、だめな喫茶店、押し葉が本のあいだから、つか見本 すきだったな。

387f6c2a f53b 47f1 848d faf9e4c5cc4f4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f5647a40b97 1d75 48ef 99c6 3596077554cfEc071fbc 2c2f 4f05 8681 4f8f96e6ce3f234d0023 c28c 44ab ac21 b2d5f88e802c