源氏鶏太の本

〆切本2

〆切本2 森鷗外

作家の〆切と家族との係わりなど、前回とはまた違った切り口で面白かったです。子母澤寛の文章に猿出てくるの、なんかの比喩かと思ったらほんとに猿飼ってた

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18feIcon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d65891d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a3 11
最高殊勲夫人

最高殊勲夫人 源氏鶏太

Noritakeさんのイラストに惹かれて読み始めましたが、続きが気になるのに、早々に読み終わってしまうのは惜しく少しずつ楽しみに読みました。 初任給が8,000円時代のビジネスガールが主人公で、彼女の結婚話を軸に登場する人物がみな生き生きと魅力的。 お父さんが大好きな娘、娘を想う父親の気持ちの描き方が可愛いくてほっこりした。

095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76f4472bf85 fa11 418d a9cd ba52606422e5