松浦寿輝の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書 マラルメ

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

9a669bed 3bb7 4218 85ad c29a8aa354767d89b672 c708 4144 b5ce f389c132b3969ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder0b2ab76f 2891 42a6 926d 8e73730ccd197d65eb17 0d6a 4e37 9812 f1803c1fcc66 27
もうすぐ絶滅するという煙草について

もうすぐ絶滅するという煙草について 芥川龍之介

喫煙者の肩身がどんどん狭くなる昨今、改めて喫煙について考えてみようではありませんか。 煙草を喫むという行為には、その人なりの強いこだわりがあるようです。それを美学とするか、言い訳とするかで喫煙者と非喫煙者の争いが起きている気がしますが、大先生達が煙草を語ると「喫煙ってそんなに悪いことだっけ」という気持ちになるから不思議です。非喫煙化する社会への一言は、何だか世の中の真理が語られているようでした。 恐らく超・嫌煙家の人は、そもそもこういったテーマの本を手に取らないのではないかと思うと、なんだか損してるなと思います。

そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所

そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所 松浦寿輝

「花腐し」で芥川賞を受賞された松浦寿輝氏の本に初めて出会う。装丁も挿画のフィリップ・モーリッツも、何より作品のタイトルもそそられる。ドストライクの男性に出逢えた気持ち。手に取り、静かな時間を過ごす贅沢。心豊かになられる本。

川の光

川の光 松浦寿輝

ねずみの兄弟のお話。物語の展開は飽きさせないし、少し命について考えてみた。

暗黒グリム童話集

暗黒グリム童話集 多和田葉子

童話といいながら さすがに子供には読ませられない内容でした 暗黒って言ってますもんねぇ

3ef4c210 ea7e 4333 990e e66b1e6fbb8f55cdf1f4 ce41 4df5 8360 6fdfc3dc27672466d3b9 e241 4340 b2bf e3c6ca94e2236afd9e7b 40a8 4dc6 a6d8 b5e06bc37339855302fd dce6 43b7 8d44 b54b519c5f8d23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778 8
川の光2 - タミーを救え!

川の光2 - タミーを救え! 松浦寿輝

読売新聞で連載されたもの。実際の習性に基づいた動物たちの会話を読んでいると、ついつい止まらなくなってしまう。紙面で読んでいたら、毎日が楽しみだっただろうと思う。