海猫沢めろんの本

本人vol.11

本人vol.11 中川翔子

さんまさんのインタビューが活字で掲載されている、数少ない一冊。

明日、機械がヒトになる ルポ最新科学

明日、機械がヒトになる ルポ最新科学 海猫沢めろん

この本で楽になれる人は多いのではないか。「人に心はない」「人は機械である」と考えさせられてしまう。 自分は機械と大差ないな、と私は思ったわけだが、それは色々な事からの解放だった。「人間らしく」ってのは、思い込みや道徳に過ぎないのかもしれない。それに縛られるのもシンドイ訳で、入力↔出力という反応を繰り返す機械であると考えると楽になる気がするが、どうだろう。 …という提案に反論したくなるのが「人間らしさ」とするのかもしれないが、それすらプログラムの一環かもしれないよ?

Icon user placeholder1c201b33 d850 4cf4 98ff 4c1b0ffd752069ea50dd efb5 4dad 87e2 46d0c1078ac10959a163 82d6 40fb 98be e921686f5b347cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa517d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535 9
ニコニコ時給800円

ニコニコ時給800円 海猫沢めろん

先日、海猫沢めろんさんの「ニコニコ時給800円」を読みました。 「ご本、出しときますね?」で知った海猫沢めろんさんですが、小説を読むのは今回が初めてです(ちょっと前に、「頑張って生きるのが嫌な人のための本」は読みました)。 読む前は、短編集かと思いきや、各章で、いろんな職場(アルバイト先)が描かれるんですが、とある章の職場にいた人が、ほかの章の職場でも登場して、それぞれの章がどこかでつながってるといった作りの、連作短編集といった感じでした。 で、そういった作りの小説はよくありますが、今作は、小説家の人が書いた小説、といった印象ではなく、異業種の人が書いた小説、といった印象で、そういった雰囲気から、新しい感じがしました。 あと、最後の章に出てくる登場人物が、働くことを、「我慢大会」と表現していて、phaさんも働くことを、「我慢大会」と表現していたので、海猫沢めろんさんもphaさんも、働くことに対して、同じような感覚を持ってるんだなあと、偶然の一致に驚いたりしました。

F11ae2d9 53da 4ea1 b9f9 9e32ab412d4e0ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008b79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7De88307d 1012 4c10 a10d 243fe62b8355
頑張って生きるのが嫌な人のための本~ゆるく自由に生きるレッスン

頑張って生きるのが嫌な人のための本~ゆるく自由に生きるレッスン 海猫沢めろん

先日、海猫沢めろんさんの「頑張って生きるのが嫌な人のための本 〜 ゆるく自由に生きるレッスン」を読みました。 「ご本、出しときますね?」に海猫沢めろんさんがゲストで出てる回(白岩玄さんと一緒に)を見た僕は、その放送で、初めて海猫沢めろんさんの存在を知り、興味があって、今回読んでみました。 小説ではないんですが、phaさんや大原扁理さんの本と、テーマが共通するところがある気がしますが、中身が悪いわけではないんですけど、phaさんや大原扁理さんの本のほうが実用的かなあと思ったりしました。

Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c02c560129 4d0f 4da4 b558 b8afbd95b06259b69345 fd38 4c60 9112 b8f1b167579eF6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d5712489e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e