Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51vysj5kz9l

<現代の知の巨人〟荒俣宏が出した〝人生の答え〟とは!?>   お化けは「怖い」。そうしたイメージは、いつから生まれたのか。 「牡丹燈篭」や「雨月物語」。タ... 続き

コメント

久々の荒俣節。相変わらず面白いなあ〜です。

読者

5a455112 21e8 45b5 b48b 6f853b4c2745

荒俣宏の本

51baqvs3lgl

帝都物語 荒俣宏

Dl0epo l normal

Szms

本や音楽が好き。春と秋が好き。

風水とか式神とか怨霊とかさっぱり興味もないし知らなかったけど、 これ、普通に読んでいるうちに何となく知識がついてくる。何となくでいい人は大体で読めばいいし、知りたい人は読み込めば良い。 この本を読む限りでは、別に気持ち悪くも怖くもなく、面白い。

7日前

B424621d b1a3 42ee b89e 4d36e562c584Dddb8b95 2af3 4126 adec ad5c37cb808c
41dubm9hzql

立東舎文庫 月と幻想科学 松岡正剛

38b84919 0ca4 4048 aed3 351cb7be2a3a

Shinya Hayakawa

Bar&Records

荒俣宏と千夜千冊の松岡正剛による月についての対談。クラウス・シュルツ、クラスターらジャーマンロック。ブライアン・イーノ、ロバート・フリップも飛び出す。膨大な知識を持つと思われる両者がタルホを下敷きに、太陽を牽制しながら語らう。 立東舎文庫の装釘好きです。

1年前