51h5acb9jgl

小さな活版印刷所「三日月堂」。店主の弓子が活字を拾い刷り上げるのは、誰かの忘れていた記憶や、言えなかった言葉。仕事を続ける中で、弓子が見つけた「自分の想い... 続き

コメント

完結編。
細々と営業していた三日月堂が、一歩前に。
「三日月堂」の主人公は弓子さんなんですが、ストーリー一つ一つの主人公は、違います。三日月堂は、そっと主人公に寄り添います。

どうしようもない悲しみに打ちのめされて、下を向いた夜。地面に映る自分の影を見つけて、ふと空を見上げたら、細い三日月がシンと見てくれているのに気がついた。
それが、三日月堂でした。

読者

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c79771dec f28b 4932 9b66 3859125890b4Icon user placeholder73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87b1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 5人

ほしおさなえの本

(4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙

(4-2)活版印刷三日月堂: 海からの手紙

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

活版印刷三日月堂シリーズ第二弾。 それぞれのお話の主人公が、三日月堂の主人弓子さんじゃないのが良い。 三日月堂に吸い寄せられるようにやってきて、大切な人生の節目を刻んで行く。甘くはない、ほろ苦いお話も多いけど。一歩前に!進んでいく人達に、心が温かくなりました。 第三弾もある感じですね。

約1年前

79771dec f28b 4932 9b66 3859125890b4Icon user placeholderC0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c 10
(4-1)活版印刷三日月堂 星たちの栞

(4-1)活版印刷三日月堂 星たちの栞

F7386da8 ed29 45ff a6ae 281069072763

とぉとぉ

ほんにうもれたい

仕事柄、気になって手にとってみた。 パソコンや今これを打ってるスマホには感じられない、文字の物質感、重み、温かさがこの本を通して伝わってくる。 ルビの意味、文字間のアキにも詰めものが必要なこと、学ぶこともたくさんありました。 優しく綺麗な1冊。

約2年前

79771dec f28b 4932 9b66 3859125890b40da6ef31 b2f9 48a8 80fb 9032dbc67f483ee82b78 880b 4319 ad84 c48bef1db366 25