514bletjj8l

その死体は、Yの字に吊られていた。背中に作りものの翼をつけて。部屋は密室状態。さらに死体発見の一部始終が、ビデオで録画されていた。タイトルは「φは壊れたね... 続き

コメント

森博嗣先生の作品、初めて読んでみました。
引き込まれました。
ただS&Mシリーズとの絡みがあるともつゆ知らず、登場人物のばらつきに疑問を残しながら読み進めていってしまいました。
きっとS&Mシリーズから読み進めていればより一層の魅力を感じたと思います。
『すべてはFになる』に遡ってから再度読んでみたいと思います。
西尾維新先生の解説も素晴らしい。森博嗣先生への愛を感じました。

その他のコメント

G第1弾。とうとうGシリーズに手を付けてしまった!西之園萌絵の絡み方が気になる。新キャラのキャラ立ちが楽しみ!

海月くん声を聞かせてよ

読者

1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f667d884a2e a77e 44f9 ae8d a928cff242c7B4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c3730617524594 91f6 4092 aeea f66e021ea9c45a88fbba 6243 4f21 860e a56b513bac746304906d 5021 4275 9d30 36f4aafc94d428bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31 9人

森博嗣の本

集中力はいらない

集中力はいらない

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

本書を自己啓発書と思って読む人は少ないとは思うけど、森センセって1日1時間しか仕事しないんですよ、それであの著作量!なんでそんなことが出来るのか気になるではないですか。 我々凡人に森センセの真似は出来ないにしても、欠片程度でもなにか普遍的な「なにか」が得られないかと思って読んで見た次第。 とかく重要視されがちな集中力だけど、それは絶対的な善では無い。気ままに分散する思考こそが、人間だけに可能な新しい発想の原動力となるというのが、本書の趣旨。 集中出来ないのが人間の本質。森センセですら本当に集中して書けるのは10分程度何だとか。集中モードに入るときは、決まった音楽を聴いてからおもむろに書き始めるのだとか、森センセですら、一種の習慣化はやってるんだな。この点は少し安心した。 時間は決めない、やる気はコントロールしない。リラックスを意識的に取り入れる。始めることがいちばん難しい。まずは何にしても始めてしまう事が大事なのかな。凡人としては結局のところそこが大切な気がしてきた。

約1か月前

428451f1 2605 4506 8bc7 9952ca7ab7c8Icon user placeholder23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d593 17