41woflfabhl

高校生、藤沢大和(ふじさわ・やまと)はある日――死んだ。 しかし、幼なじみの少女、青山凛虎(あおやま・りんこ)はこう告げる。 「わたしがちゃんと生き返らせ... 続き

コメント

カバーイラスト、白身魚先生と聞き買って読んだ。文芸やそれに準じた本でイラスト描かれるのも、すごく珍しい。岐阜は郡上八幡を舞台にした、青春ストーリー。お祭りとか情緖溢れるいい時に起きる恋愛ものだが……あれ、表紙の娘ヒロインの凛虎だよな?多分主人公の大和の背中を握って、何故泣いているのだろう?大和を何故、死なせなければならないのか?刹那くも切ない青春ラブストーリーに、イイなぁって唯々読み続けてしまう。

その他のコメント

まず、この時期に読めてよかったなぁと思いました。高校生のひと夏の恋のお話ですが、お盆の時期に読めたのってかなりタイムリーだなと思いました。
主人公はとっても鈍い男子高校生。物語は彼が生き返るところから始まります。そんな彼のそばで大人しくもずっとそばにいいて支える幼馴染のちょっと変わった女の子との恋物語です。
主人公同様、私もかなり鈍いらしく、ラストがどうなるのかずっと切なくなりながら読んでました笑
「…なんでそんな、ばかなこと聞くの?」女子高校生に表紙の顔で言われたらキュンとしちゃうよね笑

読者

Icon user placeholderF278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e143cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0347a47c3b dbcf 4bb6 aed3 3dba46730aea19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Icon user placeholder 6人

文芸

ガソリン生活

ガソリン生活

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

ミステリー中毒だった自分に、ホットさせる一冊。生きているものは偉いわけでもなく、人間の手で熱意を持って生み出され、愛情をかけて大事にされたモノであれば、心はあるのかもしれない、 なあんて幻想もさせてくれる。 弟のりょうがユーモアにあふれる、かしこい子供で、発言や行動のたびに見入ってしまう。

約11時間前

F0481dd6 d29c 49a2 a268 34f8498069883acd53d0 50f4 46ba 9163 55fea0559179Edb188ea 78d9 4fe4 a7c2 f8b29dd63ff5 64