41woflfabhl

高校生、藤沢大和(ふじさわ・やまと)はある日――死んだ。 しかし、幼なじみの少女、青山凛虎(あおやま・りんこ)はこう告げる。 「わたしがちゃんと生き返らせ... 続き

コメント

まず、この時期に読めてよかったなぁと思いました。高校生のひと夏の恋のお話ですが、お盆の時期に読めたのってかなりタイムリーだなと思いました。
主人公はとっても鈍い男子高校生。物語は彼が生き返るところから始まります。そんな彼のそばで大人しくもずっとそばにいいて支える幼馴染のちょっと変わった女の子との恋物語です。
主人公同様、私もかなり鈍いらしく、ラストがどうなるのかずっと切なくなりながら読んでました笑
「…なんでそんな、ばかなこと聞くの?」女子高校生に表紙の顔で言われたらキュンとしちゃうよね笑

その他のコメント

カバーイラスト、白身魚先生と聞き買って読んだ。文芸やそれに準じた本でイラスト描かれるのも、すごく珍しい。岐阜は郡上八幡を舞台にした、青春ストーリー。お祭りとか情緖溢れるいい時に起きる恋愛ものだが……あれ、表紙の娘ヒロインの凛虎だよな?多分主人公の大和の背中を握って、何故泣いているのだろう?大和を何故、死なせなければならないのか?刹那くも切ない青春ラブストーリーに、イイなぁって唯々読み続けてしまう。

読者

5057a02b e42a 49a2 86b2 f2c209bcccd5F278ba41 2146 430c 930d 9307cb6650e143cd3d8b 7503 417f 9845 58079e08ca0347a47c3b dbcf 4bb6 aed3 3dba46730aea19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Icon user placeholder 6人

文芸

人喰い

人喰い

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

カニバリズムの話とかほんとに嫌なんだけどなぜか手が出てしまう…ということで手に取った本作。アメリカの大富豪ロックフェラーの御曹司がパプアニューギニアで行方不明になった、という有名な話に魅せられた筆者が一体何があったのか、を追求した作品。タイトルもそうだけど冒頭の数章でエンジン故障した舟で漂流していることに耐えられなくなった御曹司が助けを求めて陸地まで泳ぎ着いたもののそこで原住民たちに殺され食べられてしまった、という作者の説が示される。本作では当時オランダの植民地であったことから宣教師や植民地の役人たちの残した文書の当たるとともに現地に赴き現地人たちと生活を共にしながら、何故、彼らが白人を殺して食べるに至ったか、ということを追求していく内容。少々記述がくどいところがあるものの説得力はじゅうぶん。植民地行政が上手くいってると思わせたいオランダの意向もあって公式には溺死とされている事件だけどもこれ以外には考えられないという説が提示されている。迫力もあってかなり読み応えのある作品。面白かった。

約2時間前

ジャック・オブ・スペード

ジャック・オブ・スペード

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

優れたサスペンスの書き手であり毎年ノーベル賞候補とも呼ばれている作者の比較的長い作品があったので手に取ってみた。主人公は作者と同じくサスペンス作家。それなりに売れっ子で割と上品な作風が特徴なののだが実は家族にも出版社にも内緒で別名でハードで下品なサスペンスも出している、という設定。それがある日、地元の老婦人から盗作で訴えられてしまう。訴訟そのものは根拠もなくまた、資産家の末裔である老婦人がなかば趣味のように訴訟を起こしている人物であることからあっさりと片がつくのだがそれをきっかけに作者の上品で地元の名士という顔の下から狂気が芽生えてきて…という話。なんとなくいけ好かない奴だなという出だしから主人公の嫌な部分がどんどん露わになってきたかと思うと最後は一気に狂気が噴き出して、という流れが怖い。実力者だけに読み応えのある作品でした。

約2時間前

Icon user placeholderCd4b3225 df40 4825 8219 3bb32ccb277e