21fxtylfg l

ヒトラー政権下600万ものユダヤ人を虐殺したドイツは、連合国の占領を経て1949年ドイツ連邦共和国として再生した。その前年、ホロコースト生存者らユダヤ人の... 続き

コメント

旧日本植民地の人々が「心からの反省」を求める時、具体的にそれは一体どういう状態なんだろうとよく思う。金ではない、気持ちだという人もいるが、ある一国の国民全てが一つの心を持つというのはありえない以上、やはり条約、立法、補償・賠償という政治によるカタチが必要になる。この本は、ドイツはこんなに素晴らしいのに日本はダメですね、という本ではない。例えば以外にもある方面への補償は2015年までされていない。ならば、今までされてきた補償とは、なぜどのようなリアルポリティクス(現実政治)でなされたのか。それは(西)ドイツの利益追求の過程でもあったことが明らかにされる。日本と違って早々に再軍備をし集団安保の中枢の座にも座るのだ。(一方で東独は全く熱心でなかった。)
一読して、やはりこの本から日本のこれからの政治が学ぶべきことはたくさんある。ただ、過ぎてしまった年月、地政学、相手国や国際状況を考えると、実行は全く簡単ではない。
一つヒントになりそうな点があるとすれば、ドイツは自国民の強制動員や戦争被害に対しても責任追及と補償を行なっていること。これが筋や法理の上でも現実政治の上でも、国際補償の遂行に大きな力となったように本書は読めた。最近、原爆手帳の交付が、二次被爆者や「韓国の被爆者」にもなされた。我々はそれを苦渋の被爆者運動と司法・行政の呼応の一つの形として安堵する事はあっても、反日運動による被害とは思わないだろう。ここに至るまでのリアルポリティクスを辿る事で、我々自身の戦後を否定的でなく他者と見直すことは、できないか。
ちなみにこのサムネイルは本扉の写真で、カバーはもっとカッコいいですよ。

読者

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659C33b6264 36fa 4e14 a8ca 698bfc7aea3b1cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 3人

社会

絶歌

絶歌

Fce3ad3b e015 45f6 bf7b dad46c002c7b

くろま

無知は怖い

わざわざ難しい言葉を選び 例えがとても多く表現されている作品だと感じた (『まるで〜のようだ』など。) " 私は賢いのだ "、と率直に書いているわけではないが そう言いたいのかな、と思わされる 内容としては 言い訳、正当化しているだけのような気がしてならない。 犯罪を犯す人の考え、理由などを知る資料としては 使える? 複雑な気持ちになる作品でした。

7日前

2251c20b 627d 4049 9fb3 fa8ea0209ea47fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec51Icon user placeholder 23
ヒトは「いじめ」をやめられない

ヒトは「いじめ」をやめられない

7aa0ace2 6c5f 4d24 9e14 67ada5f7e656

ちーさんぽ

いつでも活字を持ち歩きたい。

 結束力・団結力が強固な集団ほどいじめ発生リスクを孕んでいるということが、とてもわかりやすく書かれている。とくに脳の発展途上にある子供は、理性や道徳のみでは歯止めが効かず、深刻化しやすい。続く後半は具体的な対策例が挙げられている。  どうやら人は、いじめ(バッシング)によってドーパミンを放出し、快感を得ているらしい。  子供に対してはどう教え諭すか、大人の自分自身はどういう心がけが必要か、ただ「いけないこと」として言い聞かせるのでは、これまでと同じ。誰も(サイコパスは除いて)が加害者になり得る可能性があるならば、時々自分を客観的に、偏りのない視点で振り返る必要があると感じた。

22日前

C4dcbd2a d953 41e9 8014 dd3fce0f512aF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604Dcf61970 73a0 43c7 9e6e dc5f81da5c6b 17