41p52e0jzel

【社会科学/社会】私たちはいつから、人生の中で仕事ばかりを重要視し、もがき苦しむようになったのか? 本書は、現在1日1時間労働の森博嗣がおくる画期的仕事論... 続き

コメント

社会人2年目・3年目の人に何か1冊勧めろと言われたら、私はコレかな。仕事を辞めたくなるたびに読み返してます。

「結局のところ、「どうだっていいじゃん」と自分に言ってあげられる人が、一人前の立派な社会人になれるのではないか。」

悩んだときに読む一冊。やりがいのある仕事とは?そもそも仕事とは?仕事はしないといけないのか?大好きな作家の一人、森博嗣氏が仕事について書いた一冊。

若い人たちにもお年を召されている方々にも新しい視点を与えてくれる本だと思う。
「口に出せないこと」をズバっと言うこの著者はかっこいい。

ちょっと前に読んだ。
荒れた心を少しリセット出来た、気がする。

仕事に対する価値観が変わった

仕事。職業。または、それにまつわるアレコレ。

なんだか、違うんじゃないだろうか?
何かズレてきてはいないか?

ふつふつと明言出来ずにいた様々な事がらが、この本の中に言語化されて在った。あぁ、おぉ。読みこぼすのがもったいなくて読み返し読み返し、読み終えるのに時間がずいぶんとかかったのだった。これから、今、かつて、仕事にたずさわり、仕事との向き合い方について少なからず思い悩んだ方、ぜひ、心構えとしてまず一読されたしと願う。

読者

9bd1b2c1 e7a2 4379 ad5a 7a12d0da13edC621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54Fc943c9b 2a7a 429c a219 96814e1bd3852b76fb2d 7878 4d7e a04b 6f815f05a8041a157a3e 7907 4cf0 be7d 02f64418d3b1F4804186 5bc1 41e2 a2c1 f09f650784dc73aa2da1 96d9 4d20 9ae0 7417d187da552e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4 52人

森博嗣の本

悲観する力

悲観する力

116ba7b3 6dd7 4d80 a256 d36d29a292a6

matsuda

大学生です

自分が思っていたことを肯定してくれた。 楽観的すぎるのもいけないし、悲観的すぎるのもいけない。 楽観しながらも悲観する。 悲しむ方向ではなくて、マイナスを想定して準備する。

約2か月前

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)

86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841

あめだま

好きな作家は森博嗣、村田沙耶香、…

このハードカバーを手に取った頃はまだ森博嗣作品を読み始めたばかりで、登場人物の名前がうまく自分の中に取り込めなくて途中で挫折してしまっていた。 Wシリーズに着手したころ、これが百年シリーズの後の話だと知った。なので完結まで読み終えたあと文庫本にて読み始めた。 Wシリーズを先に読んでいたことで、ピースのハマり方が逆に恐ろしかった。 (森博嗣作品の面白いところだと思うけど。) 綺麗に終わったので、続刊がどうなるのか楽しみ。

3か月前

Ed17a1f0 2f50 42ec a243 e8163423603f2431e89a 3f32 4955 bd04 75f9d814504e50592606 6c0f 453d 89f7 e97110e4d3be 12