51eh5rj8ibl

冷戦終結と欧州統合が生み出した「ドイツ帝国」。EUとユーロは欧州諸国民を閉じ込め、ドイツが一人勝ちするシステムと化している。ウクライナ問題で緊張を高めてい... 続き

コメント

内容的には、数年前からの記事をまとめたものなので、タイトルにやゆ偽りあり。
しかし、ギリシア問題が取りざたされる今だから読む価値はあり。色々な意味で、日本と違う道をドイツは歩んでいる。そして、頭が良すぎるというか効率を追い求めすぎるドイツは、別の意味で日本と同じように世界の摩擦のタネになるしかないのかな、とも思う。

EUの中心で勢力を拡大するドイツ。過去を反省し補償を厭わないことで、日本もドイツに学べと息巻く向きも多いようだが、勤勉さや家族体系に共通点はあっても、日本とドイツはやはり異なる国家なのだと改めて感じた。著者はフランス人であり、ヨーロッパ大陸の中央から世界を見ている。ロシアは戦争の機会を狙っているのか。アメリカは強さを取り戻せるのか。そしてフランスはドイツの独走を止めることができるのか。歴史人口学者の穏やかだが確固とした言葉に、物事を別の視点から見ることの大切さを感じた。

2017/2/22読了
ドイツがEU内でひとり勝ちしてるということに対して、本来なら対等の立場であったはずのフランスがそれを止めるべきなのに、止めるどころか自主的に隷属してしまっている。そして、現在の国家の借金は超富裕層の余っている金の流れついた先だからデフォルトは許されない。
幾つかのインタビューをまとめた本だけど、イギリスのEU離脱とかギリシャのデフォルト危機とか、ここ2年くらいの出来事を予測してる。難民の問題がまだ大きく浮上してない頃の本だから、その視点はこの本にはない。

フランス最大の知性とかなんとか凄いこと書かれてたのでどんなもんじゃと思って。歴史人口学者の2014年頃のインタビューをまとめたもの。ソ連の崩壊とアメリカの衰退を「予言」して的中させたそうで、この本でもさらっと「イギリスはアメリカ、カナダとの繋がりからドイツ主導のEUなんかにとどまってないですよ」とか言っててさすがだなと。移民の流入にうんざりしたイギリス国民の意思かと思っていたけどそういう見方のほうが確かにしっくりくる。
タイトルは扇情的だけども要は南欧、東欧を安い労働力の供給源、市場として上手く取り込んだドイツがEUを通してヨーロッパを経済的に支配しており、フランスもほぼ膝を屈してしまっている、という現状を憂いた内容。イギリスは前述のごとく逃げちゃったしロシアのみが対抗しているもののこのままでは米独は衝突するのでは…という内容。その視点でみるとドイツ銀行の問題も別の見方ができる。戦争は何も武器だけでやるものではない。
しかし、予言が当たるかどうかは別として説明がロジカルで非常にわかりやすい。大恐慌の時にアメリカはリベラルなルーズベルトを選んだがドイツが選んだのはヒトラー。要はそういう国民性なんだ、という具合に…

世界のニュースを見るときはこの本の視点からも考えてみたいと思います。

読者

Icon user placeholderE3357c09 0ac1 4db1 9a95 4ae9bf9e510d1056f4d8 10de 4e47 9a79 7ddddf00143aBdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1001fba68 eb7a 4dff b262 7755bef6deef9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ffEda65764 b19a 4fb9 9bf2 0053fa3d550169f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f 12人

エマニュエル・トッドの本