51ym%2bieoopl

高校生でメジャーデビューを果たしたものの、バンド解散後は売れないギタリストとして燻っていた太郎。大学三年の秋、慌しく動き出す周囲の言動に違和感を覚えながら... 続き

コメント

何者に続いて就活関連で読んだ。就活の苦しさを描く本は、いまの状況に感謝できるから好き。個人的には、芦花公園、前橋など、馴染みの地名が出てきて親近感。

読者

1ff469e5 e07e 4a1e 93b1 ff88382adc5f03e234e4 e0fa 4c94 a222 0416377d22003d93e260 4419 4886 aad9 fd3f5c86706bEda3fd66 ae9b 4852 a5ce f2a705f2a6d6 4人

羽田圭介の本

5時過ぎランチ

5時過ぎランチ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

ランチもマトモに食べられないほどブラックな仕事をしている各々三人。それぞれに絶体絶命な事件に巻き込まれても。やっぱり仕事好きだーって思っちゃう人達。 アルバイトの女の子が頑張る「グリーンゾーン 」が好きだ。

4日前

成功者K

成功者K

7c37bb70 d567 446b 973a 7f9c62c1a8ef

いさ

♡をまーるく。

☆5 芥川賞受賞作だからという理由で本を買ってくれる人たちのことをKは本当にありがたく思っているが、同時に、芥川賞受賞作にとびつくだけのミーハーな心理の総体のようなものに、復讐したいような感情も備えていた──芥川賞を受賞したK。それから彼の人生は一変する。 タイトルの「成功者K」とはもちろん作者の羽田「圭」介のことで、フィクションではあるのだけれど、あんなことやこんなことまで、いろいろ生々しくさらけ出していて、もしかしてこれってノンフィクションなんじゃ…って思ってしまった。

10か月前

C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e040930539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468ee 9
メタモルフォシス

メタモルフォシス

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

SM小説。想像以上に変態的だった。表題作より後半に収録されている「トーキョーの調教」のほうがアナウンサーと調教という裏表のエッジが効いてて好きだった。変態的なことも小説を通して学べる喜び。

約1年前

B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c8314f7ea2 249e 4cf3 8df2 71b055189519