41dxphp16kl

コメント

この結果がでる。ということはこの原因がある。つまりその原因を使えば、その結果はでる。

その他のコメント

自分の卑しさ、健康の悩み、不平不満は他人のせいでも外部環境でもなく自分自身が形成しているもの。
宗教でもなくスピリチュアルでもなく真理は宇宙の法則。
宇宙の法則とずれた考え方が不幸になることに気づかせてくれる本だ。
30分程度で読めるボリュームなのも凄くいい。

成功を手にできないでいる人たちは、自分の欲望を全く犠牲にしていない人たち

読者

D9429e6d a22d 4bf6 8cdf e7e857719efaE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714E96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaed43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb142f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3Ee26de0a b8a9 4bf0 9472 faba43c091b5Be2705bb 9ad5 4b79 9412 de0079a04aa3 50人

ビジネス

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

99%の人がしていない たった1%の仕事のコツ

Bb4a8563 261c 4319 9007 fd31340978bc

ナオテン

30にして読書に目覚める。

前々から書店で目にしていて読みたいと思っていた本でした。何か目新しい物を!という思いで読み始めましたが、基本的な事ばかり。しかし、その基本が大事なのだと改めて気付かせてもらいました。 表紙にもあるように、誰にでも出来るスイッチを押すという行動。 その簡単で基本的な行動をどれだけの人が心得て、行なっているのだろうと思いました。 再び、目次だけでも見てこの本の内容を振り返ろうと思いました。 最後のあとがきの祖父の言葉も印象的。

約1時間前

Eb9dcb18 061c 401b b4ea 74ff8b223bb28e2c569a 3da4 4f9a bb76 665eb1449733Icon user placeholder 18
寝てもとれない疲れをとる本

寝てもとれない疲れをとる本

Af143b8d 84ed 418d 9f92 4c760055822f

NOHO

. . 本書は鍼灸師の方の本です。 . 東洋医学に基づいき、 「個人の感覚 」にフォ ーカスし 、 体を 「全体 」で捉えるています。 そして、東洋医学だけに限らず、 「誰にでも合う疲労回復法はない」 というものが前提にあります。 . . 疲労を放置するのは人生最大のリスクで、 「健康は幸せに生きるための一つの条件」です。 . そのため、目的は 「末永く健康でいられるようにする 」 「今ある不調が別の不調を起こさないようにする 」 ことだとおっしゃっています。 . . 現代人は「交感神経優位」の体質になっています。 なんとなく不調がある時が疲れを取るチャンスです。 疲れには体質別にケアをすることが大切で、 著者は4つのタイプに分けで対策を提案しています。 . . ①木 =肝 ●リーダー気質のハードワーク。 1つのことに没頭しすぎて疲れに気づかない、 休み下手な人です。 疲れのサイン:目、側頭部、肩、爪 対策:目を温める、休む時間を作る、散歩する →しっかり休む! ②土 =脾 ●おっとりしたマイペース。 安定感が持ち味の癒し系。 疲れのサイン:口周り、胃腸 対策:葛湯を飲む、足首を伸ばす、 おへその上10cmを抑える、チョコを一粒たべる、 陽だまりでのんびり、プチ断食、ピラティス、 腹筋運動、すこしづつたべる →胃腸がからっぽになる時間をつくる ③金属 =肺 ●空気を読むロマンティスト。 相手を喜ばせるサービス精神旺盛。 息抜き上手、同時進行がうまい 疲れのサイン:肌の乾燥、鼻づまり、 肩甲骨周囲がこる、呼吸が浅くなる 対策:いつもと違うルートで出勤、スロージョギング、一泊旅行、ふらっとお出かけ、 いつもと違う方法で移動する。 体調不良が風のような状態で出やすい! →休みには気分転換に出かける! ④水=腎 ●愛され上手の要領よし型。 体力、今期が続かない 疲れのサイン:外見にでやすい。下半身、髪の毛、 骨、歯、耳 対策:腰を捻るストレッチ、爪先立ち、 ゴルフゴール踏み、15分の仮眠、味噌汁を飲む、 ヨガ、ストレッチ、夜12:00までに寝る、 月1でがっつり運動 →しっかり休んで、しっかり動く! ※年齢とともに水タイプが強くなるそうです。 . . 2週間経てば脳神経にクセがつくといわれますが 、 体の個性 (体質 )を変えるためには 、 何年にもわたって上記を気をつけながら 継続的な働きかけが必要となります。 . . 最近よく出会う言葉、 「私たちの体は 、食べたものでつくられている」 にこの本でも出会いました。 本書では食べ物も大切ですが、 食べ物よりも食べ方も大事だと言っています。 胃腸を休めると、 働きが活発になり 、消化 ・吸収がスム ーズになりまふ。 消化にかかる時間は 3 ~ 5時間 、 小腸では 5 ~ 8時間かかるため、 睡眠に「 3 ~ 4時間前」には 夕食を終えておくことが大切です。 念頭に置いておきたいのは、 ●たべる時間をゆっくり楽しむ。 ●1日2食で胃をからっぽにする時間をもつ。 ●自分の胃腸の調子に合わせる習慣を身につける。 です。 東洋医学には 、 「五味帰経 」という考え方があるそうです。 「五味 」とは酸味 ・苦味 ・甘味 ・辛味 ・鹹味のこと です。 そして 「帰経 」とは 、 「経絡 (参照 ) 」 という気の流れに作用するということです 。 つまり 「味覚によって体を健康にする」という考えです。 タイプ別で合うものがあるそうです。 ①木:酸味 梅干し、酢の物、柑橘類 ②土:辛味 キムチ、スープカレー、七味唐辛子、ネギ料理 ③金:辛味 キムチ、スープカレー、七味唐辛子、ネギ料理 ④水:塩+苦味 こんぶ茶、うな丼、牛丼 ・疲れを取る夜の過ごし方は? 「入浴 →食事 →就寝 」 の順で夜を過ごすことが大切です。 入浴は交感神経が働き、 食事・就寝は副交感神経が働きやすくなるため スムーズに入眠することができるようになる というのは目から鱗でした。 寝不足のひとには「 1 5分の昼寝 」が大切 です。 「 2時間の夜の睡眠 」に値するためです。 休みすぎてだるい場合は 運動して交感神経優位にすると疲れが取れる ーーーーーー 最初にどのタイプに分かれるかチャートがあるのですが、 私は土ベースで金も少しあるかなという感じでした。 1月から間欠的ファスティングを行なっているのですが確かに体調の改善がありました。 そして、元々旅行が好きで、 ランニングもお休みの日に行なっていたため 意外と自分が必要としている行為をやっていたんだな と実感し、納得しました。 個人の感覚を大切にすること。 みんな当てはまる治療本がないことは 自分の経験を通し感じていました。 本書で改めて言葉として受け取ることで しっくりきた気がします。 自分の身体の声を聞き逃さないように これからも生活していきたいと思いました。 . フローチャートが気になった方は 立ち読みでやってみて下さい。笑 . .

6日前

8e2c569a 3da4 4f9a bb76 665eb144973399354e61 4d30 4c31 a1b8 7e53f20a42ad5de00785 2d12 4258 a630 7207e501328b 11