414037ormvl

発行元から

目次

第1章 コペル君と視座の転換

 1 吉野源三郎と『君たちはどう生きるか』
 2 私の「へんな経験」と視座の転換
 3 コペルニクス的転換とカント

第2章 人間の「立派さ」と「真実の体験」

 1 「立派な」人とは
 2 デカルト『方法序説』
 3 修身教科書と『国体の本義』
 4 エンゲルス『家族、私有財産、国家の起源』とベーベル『婦人論』

第3章 「網目の法則」とマルクス、エンゲルス

 1 人間の志と職業
 2 弁証法的唯物論の形成
 3 エンゲルス『イギリスにおける労働者階級の状態』
 4 現代とマルクス、エンゲルス
 5 マルクス、エンゲルス『共産党宣言』
 6 現代史とジャーナリスト
 7 マルクス『資本論』
 8 人間らしい人間関係とは

第4章 貧困と社会の発展

 1 日本の貧しさをみつめた人びと
 2 河上肇『貧乏物語』
 3 名著の背景
 4 生存権の思想と社会保障・福祉
 5 「道徳の花園、学問の畑」をめざして――中江兆民『三酔人経綸問答』

第5章 挫折と自由への決意

 1 人間の値打ちと英雄的精神
 2 「神ノ国」の狂気
 3 挫折と治安維持法
 4 戦争への道――治安維持法体制
   (1)精神の内面にまで介入
   (2)民衆を呪縛・支配した「国体」
   (3)思う壺にはまったジャーナリズムの責任
   (4)欠落させてはならない“治安維持法と朝鮮人”の視点
 5 未決の戦争責任とジャーナリズムの節操・未来責任
   (1)治安維持法勢力の戦争責任
   (2)言論の節操とジャーナリズムの未来責任

第6章 理性への信頼と期待、そして教育

 1 精神の弁証法と吉野さんのメッセージ
 2 体験的皇国教育史(スケッチ)
   (1)根源的疑問の欠如をもたらしたもの
   (2)小学校から大学までの天皇・軍国主義教育体験
 3 児童文化と教養
   (1)自由が禁句となるまで
   (2)大正自由教育と児童文化
   (3)文化、教養とファシズム

終章 コペル君の凱旋と吉野さんの視座

おわりに

橋本進と六三年  橋本宏子

社会

発達障害と少年犯罪

発達障害と少年犯罪

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

発達障害の子の親も発達障害である可能性があることをしっかりと伝えている本。発達障害と今の社会を取り巻く環境について、生きていく上で向き合っていかなければならない現実とヒントが記されているのだと思う。向き合って行く必要性については著者のあとがきを読むことで、より感じるものがある。 発達障害の子の母親へのカウンセリング場面の描写から一気読みだった。 後半の節分「私たちに何ができるのか」を読むことで、発達障害への意識の持ち方も変わってくるように思う。

1日前

5f81d9e8 2019 48a2 8e1c c18f62c99e2fIcon user placeholderF0314fe3 4444 4313 9212 c760560da604
熱海の奇跡

熱海の奇跡

Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c61

ボンソワール

音楽と酒とくだらないことが好きで…

泥臭い努力の大切さ。

3日前

Icon user placeholderD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40C7987935 2117 4a2f b49c 130258e03599 8
死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

死すべき定め――死にゆく人に何ができるか

314dff71 eaf5 42ce bd43 bab0471cad01

ユタカ

ワンコソバ・シティの上空163セ…

‪自分にその時が来るまで寄り添っていてほしい、本当に素晴らしい一冊。著者は現役のお医者さん。死に怯える中、正解がわからないままどんな治療をするか、しないか決めたり、人生最後の日々の過ごし方を選んだりする人々の姿が胸に重く響きます。心を揺さぶるとともに、とても勉強にもなる堂々たる名著。

5日前

748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37cBz 2l3rc normal66cbda47 517c 4053 b359 eaa7d3361eab 14