51tzdfrputl

発行元から

ゲームは子どもに悪影響?教育にはいつ投資すべき?ご褒美で釣るのっていけない?思い込みで語られてきた教育に、科学的根拠が決着をつける!

目次

第1章 他人の"成功体験"はわが子にも活かせるのか?-データは個人の経験に勝る(教育は「一億層評論家」
東大生の親の平均年収は約「1000万円」 ほか)
第2章 子どもを"ご褒美"で釣ってはいけないのか?-科学的根拠に基づく子育て(目の前ににんじん」作戦を経済学的にひもとく
「テストでよい点を取ればご褒美」と「本を読んだらご褒美」-どちらが効果的? ほか)
第3章 "勉強"は本当にそんなに大切なのか?-人生の成功に重要な非認知能力(幼児教育プリグラムは子どもの何を変えたのか
「非認知能力」とは ほか)
第4章 "少人数学級"には効果があるのか?-科学的根拠なき日本の教育政策(35人か、40人か?
少人数学級は費用効果が低い ほか)
第5章 "いい先生"とはどんな先生なのか?-日本の教育に欠けている教員の「質」という概念(「いい先生」に出会うと人生が変わる
教員を「ご褒美」で釣ることに効果はあるのか ほか)
補論 なぜ、教育に実験が必要なのか(リンゴとオレンジ:比較できない2つのもの
「反実仮想」を再現する ほか)

中室牧子の本

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法

Be3180c0 ec93 4318 8d27 23d810406ad7

やすやす

会社員す

ずいぶん古いテーマだなあ、こんなの統計処理では当たり前...と思ったのだけど、よくよく考えてみると、厳密さに欠ける議論は多々あるわけで。分かりやすい内容で気づかせてくれたことに感謝。この手のテキストは途中から異常に難しくなり、放り出すことが多かったので、もとはとれたかな。やさしく説明する、というのはきちんと理解していないと説明できないし。やはり優秀なんでしょうね。

約1年前

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db5317b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4C3c5948a 46dc 4471 abfc 816b7a7cfc13 24