61 rgetzeil

コメント

誰もが一度は読んでおくべき本だと思います。
なぜしんどいのに会社をやめられない(やめない)のかを知ることができます。この本を読むことで、ブラック企業で働く人や心理的に辛い思いをしている人達の理解に繋がると感じました。人の気持ちはどんなに理解しようと思っても自分1人で考えるだけではなかなか分かりにくい部分があると思います。職場に余裕がなければなおさらです。
自分を含め、人を理解する1つの方法として、この本を読んでみるのも良いんじゃないでしょうか。

読者

Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e0D8354db2 1a37 4d24 9519 e7492bd3d66dC38d1c07 ca36 49ca 8ca5 4fe785263481889d1290 45bf 4066 b0cf aac8b717b22eF187444c c073 4221 b187 569c062567a73bd02b6c e34f 4db6 bba4 6b77853233de3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453 8人

ノンフィクション

41fj9yxdt4l
5e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e5207

Yusuke Kondou

よく笑いよく読む

時系列で彼の生き方や価値観が伝わってくる。こんなに素晴らしく知的で人間味に溢れた日本人がいたことに、ただただ衝撃を覚える。 音楽という文化、日本人として世界の国々と友好的な関係を築き上げた彼に惚れた。

4日前

51pyqyabe7l
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

実際に従軍した方が、莫大な資料を基に、又自身の体験を基に(資料からの部分が多いのですが)回想する太平洋戦争(様々な呼称がある事も、またその重要性もわかりますが、私個人の感覚としてはやはり太平洋戦争なので、「太平洋戦争」と表記させていただきます)のニューギニア戦線についてです。 日本兵が戦って死ぬよりも、ずっと多くが飢えと疲労と病で死亡した、という事実を細かく、丁寧に、そして自身の振り返りたくない過去を振り返り、罪を認めるという文です。私は事実とは何か?も重要だと思いますが、ある行為や、歴史的な出来事に参加した(またはせざるを得なかった、あるいは巻き込まれた)人がどう感じたか、どう感じて今を生きているか?も非常に重要な事だと思います。個人がどう感じたか?が、ひとつの出来事でも数多くの人が参加した歴史的出来事であるなら、その数多くの人々にとってそれぞれの捉え方があると思いますので。ですから、この飯田さんの証言がすべて正しい真実かどうかを私には判断する事が出来ないし、する必要がなく、そう感じて、憶えていて、残そうとする人の書いた文章だと思って読みました。けれど、もちろん事実にとても近いだろうと、思います。「総員玉砕せよ」の水木しげるさんもそうですけれど。 いわゆる軍部の方々の実際の所の責任の取り方が不明確だったり、うやむやだったりした為に未だに「戦後」が続いているのだと思います。国内においても、国外においても。東京裁判自体を詳しく知っているわけでは有りませんし、きっと様々なしがらみがあっての判決なのでしょうから(いわゆるパール判事の存在も知ってはいますが)戦勝国が敗戦国を裁くのであるなら、ある程度は仕方ない事だとも思います。どちらかというと、対外的には東京裁判の結果を受け入れてサンフランシスコ講和条約を受け入れて主権を回復したわけですから、今更、あの戦争は正しかった、とか東京裁判は正しくないとか言っても仕方ないのではないか?建設的にはなれないのではないか?と個人的には思います。東京裁判ではなく、本当は日本人が自主的に戦争犯罪は誰に、どの時期に、どのくらい責任がある、という総括をするべきなのだと思います。もちろんご存命の方は出来るだけ参加で、保守的な方々も、革新的な方々も、日本人であれば誰であっても議論に参加出来るような合意形成をとりあえず結論がだせなくても繰り返す事が必要だったのではないか?と私個人は思うのですが、そういう事をすると自由な余地が少なくなるのでより窮屈になるかもしれませんが。 私個人の意見ですし、はっきり言って知らない事ばかりですが、人はすべてを知り、未来を見通せる能力のない以上、あらゆることを考え、様々な意見を聞いた上での判断を下すべく努力し続けるべきですし、謙虚になるべきだと思います。失敗や間違いから様々な経験や教訓を得るべきです。がどうも「誇り」や「プライド」がそれを邪魔する方が多いように感じます。「最初から負ける事を考えているから負けるんだ」的考え方も必要な部分はありますが、それだけでは決してどうにもならない問題が多く存在する事も考えない人が、先ほどのような言葉を口にしているように感じるからです。いわゆるマッチョ的なものの、愚直さを良しとする傾向を認めることが出来ません。ですから「終戦」なんて本当に馬鹿げたネーミングですし、事実から眼を伏せることになりかねない(それも日常的に!)のが気に障ります。 命令を下される側の無残な結果を思い知らされる(事実に近いと私は思いますが、そうでなかったとしても、こういう本を残したいと思わせる体験だったのだとは推察されます、私には)内容でした。命令を下す側だった方の意見も聞いてみたくなります。 私にはリドリー・スコット監督、映画「ブラックホーク・ダウン」を思い起こさせる本でした。有能でない上司の命令が逆らえないところが、軍隊なのですから。恐ろしいです。 個人が抱えている戦後に興味のある方にオススメ致します。 2008年 9月

5日前

517csdhgozl
E13c4327 ac62 4f4f b670 f6bf657f08e1

ひろむ

会社員

2017/4/19読了 どんなに素晴らしい業績を残した人でも家族というのは難しいものなんだなと思った。 この本は、経営者としての小倉昌男の姿よりも私的な部分に迫る切り取り方をメインに書かれた本なので、小倉昌男自身の著作も読みたくなった。

7日前

51c9nsn1jjl
5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

かなり好きな考え方をされる精神科医春日 武彦さんの研修医に向けた哲学的問いかけに対する模範解答です。何しろ副題が「~カスガ先生の答えのない悩み相談室~」ですから。しかも「お父さんは時代小説(チャンバラ)が大好き」の吉野 朔実さんが絵をつけるという(もちろんお2人は親交あり、この人たちの会話を是非聴いてみたい!!)素晴らしく豪華な本です。 実に明快な答えなど存在しない、哲学的問いかけに対しての春日さんの思考の順序だてや、割り切り、もしくは覚悟や言い回しが、とてもセンスを感じますし、「痒い所に手が届く」感覚の、自分の中での上手く言葉に出来なかった違和感を言葉にしてくれるところがまたタマリマセン。基本的には精神科医の春日先生がいわゆる研修医や若いドクターに対して語る考え方の指南なのですが、医療に携わる人も、そうでない人にもとてもオススメしたくなる本です。 いわゆる紋切り型の、「それをいっちゃあオシマイよ」的根源的な設問に、何故その設問に捉われてしまうのか?、その設問を発することにどんなスタンスが隠されているのか?何故答えにくいのか?明快な答えの出ないその問いにどう答えることが望ましいのか?などが非常に辿りやすく説明してくれます。偏狭な経験主義的問いかけに(例えば「ガンになったことのないお前に俺の苦しみが分かるか!」などの経験主義)対する春日先生の答えにいちいち納得してしまいます。 中でも肝なのが「宙ぶらりん」に耐える話しと「コントロール願望」の話しは為になる話しです。どちらも私の説明ではもったいないのでさわりだけにさせて頂きますが、「宙ぶらりん」は中腰力とも言える、物事を棚上げにし、矛盾に耐え、保留した状態に耐えチカラのことで、「コントロール願望」は自分と他人を綺麗な言葉(例えば、愛、治療)でくるんでいて、実は自分の思い通りに他人を動かしたくなる願望の事です。この2つのお話しもきわめて重要な、それでいて当然の考え方だと思います。はしょって説明しただけでは得られない説得力がありますので、読んでいただくのが1番なのですが。 また、選び取られる言葉に私はセンスを感じます、「謙虚な確信犯、自覚ある鈍感さ」だの「マゾヒスティックなダンディズム」だの、「患者さんが救われれば、結果オーライ」だの、「心身症ぎみの患者さんに『リラックスが肝心です』などと正論を言っても、それが出来ないから医療機関にきている訳で、空疎な助言でしかないただの阿呆です」だの、「コントロール願望と愛情はグラデーションになっている」だの、いちいち鋭くも考え抜かれた(もちろんしがない私のレベルでは、です)言葉のセンスに惹かれます。 もし本書を書店で見かけられることがあるのなら、せめて「まえがき」だけでも読まれると、興味のある方なら買わずにはいられなくなりますでしょうし、興味の無い方には「まえがき」をすべて読み終えることが出来ないでしょう。「なぜ人を殺してはいけないのか」に対する私が読んだ1番のソリッドな答えは宮台 真司さんの答えだったのですが、1番納得して実践できる答えは春日先生の回答です。 この春日先生の一見矛盾していそうで矛盾でない、奥域のある思考がとても重くて重要だと思います、文系ペシミスティックであり続ける事のダメさと、マッチョなオプティミストでいることの心地よさには相通じるものがある事を、ペシミスティックを通り抜けたオプティミストになれる重要性が私の中でなかなか言葉に出来なかった事を説明してもらったようでいてとても心地良かったです。 でも、だからこそ気持ち良過ぎて客観的になれなかった部分もあったかも知れません(その程度ぐらいしか冷静に読めなかった)。 また、最後に対談されている「内田 樹」さんの著作を読んだ事がないのでちょっと興味湧きました。 思考の単純さから逃れたい人に、ささやかなことに気付くレベルを上げたい方に、医療従事者の方に、オススメ致します。 春日先生が産婦人科医を辞めるキッカケになった「自分に寛容さが足りない」と感じた根拠に激しく同意してしまう私は大丈夫なのかちょっと心配。心配だけれど、今はそれを中腰で維持していきたいです。 2008年 7月

7日前