41oiegnts l

親しい二者関係を基盤とする「甘え」の心性が失われ、無責任な「甘やかし」と「甘ったれ」が蔓延しています。変質しつつある日本社会の根底に横たわる危機を分析した... 続き

コメント

仕事上関わりのある人間関係をより良くしようと思い手に取ったが、人と人との関係だけかと思いきや、多少飛躍が感じられる日本人論までいっているところに驚く。当初の目的は全く達成できないが、普遍さが感じられる意味で面白かったので良しとする。

(弘文堂 328頁)
欧米・西洋文化が、古来からの日本文化との“調和”とは言い難い“侵食”に近い形で来日している昨今。日本人が今まで自然と解釈してきた人間関係や社会と自分との繋がりに、「ズレ」が生じてくるのは当たり前だ。
その「ズレ」の間に『甘え』という言葉を仲介させれば、あら不思議、違和感や謎がドンドン解けて行くではないか…。

日本人は元々忍耐強く楽観的なのが文化なのだ。あまり思い悩む必要は無い。強がってるけど 皆一緒。

彼の根底には宗教(土居先生の場合はキリスト教)があるからこそ、どんなに悲しい未来が垣間見えたとしても決して「希望」を失わない。むしろ変革の情熱を感じる。だからこそ面白い。傑作。

読者

6d3930ad 85fe 4feb b023 e8e40e204aa7C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54C65c5a9d 7736 4260 8804 10f826cbcf6935b13c1f 1ffb 45a4 a628 bde3ec9e11b0Icon user placeholder18896a1b ca07 4a5d b1f2 8fa3d0179cd5Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de05d8182e 87bc 48b6 a94a 50615cb7dd38 8人

人文

敏感な人や内向的な人が楽に生きるヒント

敏感な人や内向的な人が楽に生きるヒント

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

敏感な人。五感や、自他の心の動きを過度に察知する人。 内向的な人。興味関心が他人より自己に向きやすいひと。 こういうタイプの人間に対して呼びかけるようにして、学術的な内容がものすごく平易に書かれた本。 自分がこういう人に該当するのか探る心理テストつき。 あー内向的でいいんだあ。 あー敏感でいいんだあ。 しゃあないねんなあ。 って思えて、 生きるつらさをほんのちょっとだけ、自分発見の歓びに変えることができました。

1日前

15fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c145fb074 1820 441c 8251 2bf6a9d8bfa1A777fc35 3997 4bb2 8179 63a62e4d22ee
神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

神メンタル 「心が強い人」の人生は思い通り

6ea0002e 1e0f 469b 8aa5 c683621b95d9

kiseki

本はやっぱり紙媒体かなぁ そして…

メンタルというぐらいなので心理学的な語彙がよく使われている、読んでいて納得させられる部分がとても多く何よりメンタル=自己評価を中心としている事がよく分かる、自分もあからさまにメンタルが弱いんだなぁ、と思う所があったので手にとってみました、頑張るが辛い、人付き合いの仕方、新しい事、変化を好まない原理など手を抜くのではなくラクに頑張れる事を心理学的に科学的に解決する方法などが記載されています。 自分の幸せは誰にも奪えない、他人に振り回されることがよくある私にとって何よりの一言でした。 星渉さん ありがとうございました

3日前

09bf80bf 02e1 4ffd a21c dbee19610d32A3c8a54e 1527 4f28 bae8 0862ce7dc35bD5e33eaa bd58 4145 878f e6d6e1f4df50 15