41oiegnts l

親しい二者関係を基盤とする「甘え」の心性が失われ、無責任な「甘やかし」と「甘ったれ」が蔓延しています。変質しつつある日本社会の根底に横たわる危機を分析した... 続き

コメント

(弘文堂 328頁)
欧米・西洋文化が、古来からの日本文化との“調和”とは言い難い“侵食”に近い形で来日している昨今。日本人が今まで自然と解釈してきた人間関係や社会と自分との繋がりに、「ズレ」が生じてくるのは当たり前だ。
その「ズレ」の間に『甘え』という言葉を仲介させれば、あら不思議、違和感や謎がドンドン解けて行くではないか…。

日本人は元々忍耐強く楽観的なのが文化なのだ。あまり思い悩む必要は無い。強がってるけど 皆一緒。

彼の根底には宗教(土居先生の場合はキリスト教)があるからこそ、どんなに悲しい未来が垣間見えたとしても決して「希望」を失わない。むしろ変革の情熱を感じる。だからこそ面白い。傑作。

その他のコメント

仕事上関わりのある人間関係をより良くしようと思い手に取ったが、人と人との関係だけかと思いきや、多少飛躍が感じられる日本人論までいっているところに驚く。当初の目的は全く達成できないが、普遍さが感じられる意味で面白かったので良しとする。

読者

1c13f92f d750 475d 80be 4c461e72920bCfe8c7c4 8aac 4905 b8b9 6ab81ff133f26d3930ad 85fe 4feb b023 e8e40e204aa7C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54C65c5a9d 7736 4260 8804 10f826cbcf6935b13c1f 1ffb 45a4 a628 bde3ec9e11b0Icon user placeholder18896a1b ca07 4a5d b1f2 8fa3d0179cd5 10人

人文