41jzx0hwhml

おびただしい量の情報やモノに囲まれ、脳が悲鳴をあげている。現代人が、より賢明に清々しく生きるためには、脳をどのように使いこなせばよいだろうか?その鍵は、森... 続き

コメント

心が宿る器官「脳」を思考によって分析、そして生きやすくする事を目的として書かれた茂木さんの本です。

茂木さんの本によく出てくる単語が詳しく、丁寧に解説されています。「偶有性」とか「セレンディピティ」とか「エラン・ヴィタール」とか「世界知」とか「生活知」とかです。

それぞれの解説については読んで頂ければわかるとして、これらの単語と意味が広まるのはとても意義ある事と思いました。特に「偶有性」「世界知」「生活知」については。

脳の整理を目的としながらも、私は素直に読めばいわゆる哲学の話しだと思いました。どうやってこのいわゆる『素晴らしきろくでもない世界』を生きていけば良いか?という事を茂木さんは脳を整理する、と表現しているではないかと。

また、中でも気になったのは『主語を入れ替える』事です。

話しが長くなってしまうので、思い切って省略すると、この話しはリベラリズムの話しなのでは?と思われました。公正さに根差したリベラリズムって奴です。またその事を実践する為の思考を構築する話しなのです。「社会のどこに生まれても自分は耐えられるか」という反実仮想を迫るものであり、機会平等と最小不幸を主張するというあの、リベラリズムって奴です。「公平さ」と置き換えてもこの場合良いと思います。

ただ結論近くに不安を乗り越える為に出てくる解決方法が少し気になりました。茂木さんは「根拠の無い自信」が大事だというのです。小さな成功体験を大事にチャレンジしろと。ここの所には少し違和感を覚えました。根拠の無い自信を持つ事が難しいから誰もが不安を覚えるのだと思います。私は「根拠の無い自信」より「覚悟」が出来るかどうかだと思います。

上手くいかなくても、自身がベストを尽くせば結果は仕方が無いではないかと。時間もお金も制限無くかけても人の世に100%はありませんし。また何事も上手くいかせ様とはちょっと虫が良すぎると思うのです。みんなちょっとづつ迷惑かけあってしか生きられないですし。結果を受け入れる事が責任を背負う事なのではと。良い結果でも悪い結果でも。あるいは深く傷つく結果であったとしても。私もそうできたらな、と思って生きているのですが。なかなか徹底できませんが。

2007 1月

読者

39ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e05dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

茂木健一郎の本

51 bocejaql
D14c65f0 6335 4953 a3c1 bdc4eb3dabd8

csaku

Tokyo

英語を日本語に変換して考えないで英語で考える訓練と、英語を母国語とする人種の思考法や文化などを理解する事。これ、櫛田健児さんの「バイカルチャーと日本人」で言っている事と同じ。勉強になります。

6か月前

41h7qxc1ydl
3d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083

Yum Yum

読書好き Kindleよりも紙の…

繰り返し読みたくなる本。茂木健一郎の話が一番よかった

7か月前

099b3961 f363 41a9 a434 b5ada3475911Ae08560c be6c 4bf8 bc6c fc29bc99a611E00057c8 45fa 4557 9dbe 8fb12df4bc1c
41sxi%2bswe8l
21d4e0ce 7713 4310 a55c be98f03b2f86

いあり

面白い本ならなんでも読みたい

面白い本を読もうと思わせてくれました。

8か月前

5da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd27baf9a0 87ad 46bd bec1 37d5809ec623
41shzie44vl
0f54b4f2 4517 41e7 9d84 893dc835b467

ヒロイチ

要チェックや!!

イノベーションにおいて大事なことは、自由に発想するとともにロジックを突き詰めること。

10か月前