9784760150076

コメント

読者

41d7de49 f808 45b4 8d23 529bc0481280B81813b6 473e 46cd 90d2 a98ad0bc98f4028d77ed a285 4e4c bec1 758e369933060023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c1508d1b0 6580 4c0e a593 86bb4b82f44e49b6d724 5241 4e30 a3f8 218f351d0b4e 6人

人文

AI時代対応 大人の知的習慣 「複合力」こそが究極の効率化である

AI時代対応 大人の知的習慣 「複合力」こそが究極の効率化である

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f

ごまもんがら

本は心を豊かにしてくれる

AIの進歩による時代の変化に対応する力の一つとして、複数のことを同時に行い柔軟に対応する「複合力」を鍛えることをすすめている。2つの行動を同時にする具体例も挙げて説明。 普段、自然と同時にしていることも、脳の機能を高めていると思うと得した気分になる。

約19時間前

華僑の奥義

華僑の奥義

774e46cf 8ca0 4737 8faa 1bc2305b2958

NanaÉ

本を読む時間がもう少し欲しいマー…

実はこの考えが最も日本人的にしっくりくるのかも。アメリカが長年の間旗を振り続けた超効率主義、個人主義のいわば対極にあるようなビジネスの考え。 でありながら、世界のビジネスで成功を収めているの割合は華僑とユダヤ人に多い。 日本人も結局のところ完全な個人主義になりきれないのであれば「人脈主義」ともいえるやり方にたちかえってみるのもひとつなのかも。 ただし、日本人の考え方よりかなりアグレッシブなので、うまく日本流にローカライズする必要がありそう。若干小タイトルと結論が噛み合ってないところがあったような気がします。 人生の満足度は その瞬間瞬間を切り取った時の位置にあるにではなく、人生全体を一つの大きなポートフォリオとして捉えた時、どんなものを描くことができたのか ということなのかもしれない。

1日前