515p%2bw1ntwl

コメント

言葉が現実をつくるということをテーマに、難病治療を数々治されてきた実績のある中谷先生が、その実践方法と実績を書かれた一冊。
言葉と脳の関係、言葉が及ぼす行動について、様々な症状を例にどんな言葉をかけたのかは、とても興味深かったです。治療とは、技術の前に在り方。それを創るのが自分の発する言葉なのです。

読者

Icon user placeholder24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739

暮らし

好きな人を忘れる方法があるなら教えてくれよ

好きな人を忘れる方法があるなら教えてくれよ

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書

中高生向けなのか、私にはあまりピンときませんでした。ですが、恋愛に真正面から挑む心は素敵と思います。悩んで悩んで悩んで、その姿勢が何より必要なこと。あらゆる場面で〝メンヘラ〟の一言で済ませてしまう現在の風潮には嫌気がさします。恋愛は非常に自由です、それぞれのスタイルもあるでしょう。クールに気取って相手に同調して、それが大人な恋愛って違います。

5日前

6b519a56 c3ae 47f1 b760 c2fb5e2e837eC25ec3a6 26a5 45f9 9143 3063c8a60f40Ac1997a9 2e08 4cac b9a3 38ddf06d1bc1 14
本当の自分とつながる瞑想入門

本当の自分とつながる瞑想入門

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

悩みの原因は全て自分の心から。また、2種類に分けるとしたら、過去の出来事と未来の出来事。それをもっと細分化すると、怖いと欲しいに分類される。不安の映画を能内で再生していて、それらはファンタジーである。それに悩ませられている。その映画の9割はネガティブ。その映画プロデューサーはエゴ(自我)。どの宗教も、このエゴとどう向き合うかを教えている。ポジティブに考えようと思っても、ネガティブな気持ちは自然と隙を見て出てくる。自分の中にネガティブ映画プロデューサーがいることを認める。ストレス発散は無駄な抵抗。エゴ=自分と履き違えてしまっている。苦しみの原因は、嫌なことを100回リプライしている自分にある。と考える。自分を被害者だと思わせる。涅槃(ねはん)、苦しみや悩みが全くない世界。インスタに投稿するかの動機を考えるアプローチをしてきた今までは。自分が嫌いで、自分を大切に出来ず、人と比較して一喜一憂している。

9日前

748c3c26 e683 4d7f 8adc f59fc18ef37cIcon user placeholderE838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb