41tflhpurfl

発行元から

◆人を動かすために「心地いい言葉」はいらない!
自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か?
人の心を動かす「表現」には秘密があるのか?
「うまく自分の言葉で話せない」「人の心に刺さる表現力を身につけたい」――志や思い、自分のなかにあるビジョンを言語化するために何をすればよいのか?
そんな悩みを抱えている全ての人に、いま注目のコピーライターが独自の手法をわかりやすく開示する、人の心を動かす言葉の法則。
人は、その言葉の中に自分の思いを発見したときに心を動かされるのであり、技巧を凝らした表現などいらないのだ! 自身が手がけた広告コピー、古今東西の有名事例を、「メッセージとしての明確性」「そこにいかに自分を投影するか」「伝えたい想いをいかに生み出すか」という視点から分解、「意志を言葉に込める技術」を解説する。

◆トップコピーライターが伝授する言葉と思考の強化書、遂に完成! 「人に伝える・動かす」は、多くの人が様々な場面で直面し、悩むテーマ。
いかに言葉を磨き上げるか? 誰にでもできる方法論を具体的に解説する本書は、ビジネスコミュニケーションや企画のプレゼンなどの仕事シーンはもちろん、私生活でのアピール、さらには就職・転職活動にも役立つ考え方が満載の一冊。
著者は、缶コーヒージョージア「世界は誰かの仕事でできている。」「この国を、支える人を支えたい。」、リクルートのタウンワーク「その経験は味方だ。」「バイトするならタウンワーク。」、「東北六魂祭」などを手がけ、2016年4月期のTBS『日曜劇場99.9』でコミュニケーション・ディレクターを務めるなど、ますます注目度アップのコピーライターである。

目次

1 「内なる言葉」と向き合う

2 正しく考えを深める「思考サイクル」

3 プロが行う「言葉にするプロセス」
 
 戦略1 日本語の「型」を知る

 戦略2 言葉を生み出す「心構え」を持つ

梅田悟司の本

企画者は3度たくらむ

企画者は3度たくらむ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

企画を「考える」ではなく、「たくらむ」。 企画を考えるときは、友人の誕生日パーティーのサプライズを考えるように考えればいい。 企画の「たくらみ方」が学べます。

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholderC5971471 370f 4931 a3dc 22087fcf51a2
誤解されない話し方 説得力より納得力

誤解されない話し方 説得力より納得力

1646d465 7449 47db bc68 0dcaec19c7df

A01

読書は他人の経験を疑似体験でき、…

自分が意図していることを相手により正確に伝える方法を教えてくれる本。 誤解されることを前提に意思伝達すると、丁寧な説明を常に意識するようになる。 まず意識を変えることから始めよう。そうすることで多少誤解が原因のトラブルを減らせる。 また、印象次第で話の信憑性が左右されるので、立ち振る舞いに気をつけなければならない。 交渉や接客等にも活かせる内容が盛り込まれている。 誤解が生じるケースやそれへの対応の仕方も書かれているので比較的わかりやすい。 心理学的なアプローチも改めて確認できた。 コミュニケーション・スキルを一段と高めたいと考える人や土台となる知識や認識を抑えたい人にとっては読む価値のある本。

約3年前