41tflhpurfl

◆人を動かすために「心地いい言葉」はいらない! 自分の思いをどうやって「言葉」にして「伝える」か? 人の心を動かす「表現」には秘密があるのか? 「うまく自... 続き

コメント

先輩と勉強しているとき、机にあったのがふと目について、借りて読んだ本。

たまたま出会った本だけど、気になることばがいっぱいでした。

考えていることが上手く伝えられなくて、いつも困っております。

『「言葉にできない」ことは、『考えていない』のと同じである』

表紙のコピーは、まさに私のこと。

考える力を鍛えると、言葉が豊かになっていく。
考える大切さを学びました。

それから、仲間から
「考えることを頑張ってほしい」と言葉をもらったこと思い出しました^_^

その他のコメント

やっぱり言語化できてないのは、言葉にできるまで考えられていないってことなんだな。

価値のあるコトバの紡ぎ方ノウハウ。

アタマの中で思っていることを、いざ人に話そうとするとまったく話せない、伝わらない。
きちんと言葉に出来ない、想いを届けることが出来ないのには理由があることを教えてくれる一冊。

平易な言葉で丁寧に説明されているので、わかりやすい。ただ、出来れば具体的な実践例が欲しかったところ。

読者

6ee099c2 876b 42c6 a86e a50b5b0d369b9edb0d17 e28f 4a2c a2c6 de6a205dc8c9Ad922e52 ca4c 42d6 8e0b 9c5120f3136dIcon user placeholder00951b95 1591 4009 b362 e29c67a25e83Icon user placeholderA20399b1 602e 4692 8ed2 df324b2cce50Icon user placeholder 94人

梅田悟司の本

企画者は3度たくらむ

企画者は3度たくらむ

E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915

ワンダフル

本屋さんと高校野球が好きです。

企画を「考える」ではなく、「たくらむ」。 企画を考えるときは、友人の誕生日パーティーのサプライズを考えるように考えればいい。 企画の「たくらみ方」が学べます。

1年前

6a0cf6d1 4250 4395 868e 3818242048a5971acd02 98d2 46cf a93e 2e11117ac857
誤解されない話し方 説得力より納得力

誤解されない話し方 説得力より納得力

1646d465 7449 47db bc68 0dcaec19c7df

A01

読書は他人の経験を疑似体験でき、…

自分が意図していることを相手により正確に伝える方法を教えてくれる本。 誤解されることを前提に意思伝達すると、丁寧な説明を常に意識するようになる。 まず意識を変えることから始めよう。そうすることで多少誤解が原因のトラブルを減らせる。 また、印象次第で話の信憑性が左右されるので、立ち振る舞いに気をつけなければならない。 交渉や接客等にも活かせる内容が盛り込まれている。 誤解が生じるケースやそれへの対応の仕方も書かれているので比較的わかりやすい。 心理学的なアプローチも改めて確認できた。 コミュニケーション・スキルを一段と高めたいと考える人や土台となる知識や認識を抑えたい人にとっては読む価値のある本。

2年前