41pz9cuwazl

コメント

歴史とはとかく勝者によって紡がれるものであり、敗者に光が当てられることは少ない。
本書は応仁の乱から、大坂夏の陣まで、戦国時代を通しての敗北者たちに焦点を当てた一冊。

明智光秀や、武田勝頼、豊臣秀頼クラスの超有名どころの敗者はさておき、織田政権下の河尻秀隆や、秀吉配下の神子田正治や、尾藤知宣みたいな、そういえばどうなったんだっけ?クラスの面々のその後が分かるのが面白い。

一口に負け組と言っても、敗北に至った理由は様々で、必ずしも本人の無能さや、判断のミスばかりが理由なのではなく、突き詰めると「運の無さ」に集約されていくところも興味深い。

読者

535ddb64 59c5 48a4 9632 94496d8206cb0bfab9ad c859 4d53 89ac 8dd67f7995b4C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892faIcon user placeholderIcon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835 7人

鈴木眞哉の本

「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場

「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

鈴木眞哉「「戦闘報告書」が語る日本中世の戦場」読了。合戦と云えば刀槍を用いての白兵戦。そんな既成観念に対して、合戦の中心は常に遠距離戦闘だった真向反論する一冊。 当時の感状や軍忠状などの「戦闘報告書」を調べてみると、負傷者の多くが飛び道具によるものと解る。弓矢や鉄砲はまだいいとして、石や礫が意外に活躍しているのは面白い。 数少ない白兵戦の記録でも、刀の活躍は本当に少なくて驚かされる。 刀剣同士のチャンバラ幻想は江戸期以降の講談の影響がやはり大きいのかもしれない。 戦国モノの大河ドラマで、ひたすら遠距離戦闘に終始する奴とかそろそろ出てこないかな。見栄えしないだろうけど。

3年前