51nsjrlpc%2bl

死んだ犬を捨てた荒川に、次男も捨てた……虐待家庭の「核」に迫る戦慄のルポ! 次男をウサギ用ケージに監禁、窒息死させ、次女は首輪で拘束した夫婦。電気も水も止... 続き

コメント

虐待の問題の根深さを感じる。ニュースで大々的に報じられた事件の親たちは、子どもを愛しているつもりであったという。

石井光太さんのルポは、見つけたら必ず読んじゃう。これはずっと読みたかったやつ。

仕事柄色々な親を見るけど、一貫して言えることは生物学的な愛情は必ずあるということ。
そこに生活力や育児能力が複雑に絡み合うから、子供の問題行動は親に起因するところも少なくないということ。
虐待も同じように考えるべきで、多面的に見ないと全体像が見えないという点が共感できた。

まぁでも普通はここまでにならないわな…まさに鬼畜…と思える話ばかり。詳細な描写には背筋が寒くなった。我が子に手をあげるなんて、やっぱり信じられない。

読者

Eed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcF97515a3 d804 4f55 8153 ac9aea37f8e879db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bdA3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06Fe56dab0 e3f0 40e8 9a38 d158d3fa4d7b6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c18511618 542e 424f a9c0 02048475892265d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc 9人

石井光太の本

世界の産声に耳を澄ます

世界の産声に耳を澄ます

A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6e

りょー。

学生

あまり見ないお産にフォーカスしたルポ。 特に、紛争の影響などで、適切な環境で子供を産むことの出来ない人たちがどのように、新しい生命を誕生させるのか、それについてまとめられていた。貧困や治安の悪いなか、子どもを産み、育てる。困難なことは間違いないだろうが、そのなかで描写される親の力強さ、子どもへの愛情は胸を打つ。

1年前

砂漠の影絵

砂漠の影絵

F6d6cf63 0cdf 4224 af5f e4b71a2c3e78

いちぎょう

読みたい本が次々増えて困る。

イラクで武装組織に拉致され人質となった日本人5人の話。 武装組織は人質の命と引き換えに自衛隊の撤退を要求。 だが日本政府は動かず、人質1名が処刑される。 そして…。 この小説に書かれたように、実際に起きた人質事件において、日本国内では、人質となった人達に対して自己責任であるとの批判が起きた。 当時の自分も自己責任だと思った側だった。 バカだった。 なぜ、そんなふうに人を切り捨てられるのか。 助けたい命と切り捨ててもいい命。 それを分かつのは何か。 殺された命と生きのびた命。 何がそれを分けたのか。

1年前

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c24c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d635318511618 542e 424f a9c0 020484758922
蛍の森

蛍の森

18511618 542e 424f a9c0 020484758922

ちゃこふ

猫が好きです。二匹飼ってます

偏見と差別がいかに恐ろしいか。この本はフィクションであるが、そう感じられないところがさらに恐ろしい。

約2年前