51 x0prnrel

コメント

は〜面白かった。
体を張って女芸人街道を突っ走るいとうあさこのエネルギーと、初老の体を引きずる哀愁のバランスが何とも絶妙。

その他のコメント

意外と一つ一つのコラムのボリュームがあります。芸能人の書く本にありがちなスカスカ感はありません。

読者

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7edA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 3人

文学

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

最後に向かって、 バラバラだったものが収束するような物語ではないけれど、 1つ1つがしっかりおもしろい連作短編集でした。 途中、あまりのストーリーの完成度に脳みそがじんわぁ〜ってなりました。 めっちゃいい映画観たときみたいな。 無理矢理というか、 こじつけというか、 一見そんな風にも見えるんだけど、 全然そう感じさせないのが伊坂さんの文章力。 登場人物たちのセリフの書き方が映像的でいいなぁ。 「時空のねじれって、あると思うか?」

1日前

515dcb8d e1c4 473b 8bf8 39a13de6d5492263f4a2 791b 4ffe b8fe 94d359b929a9014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 17