51 x0prnrel

コメント

意外と一つ一つのコラムのボリュームがあります。芸能人の書く本にありがちなスカスカ感はありません。

その他のコメント

は〜面白かった。
体を張って女芸人街道を突っ走るいとうあさこのエネルギーと、初老の体を引きずる哀愁のバランスが何とも絶妙。

読者

7096609a e405 4a63 93a9 5a8e755e848aA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 3人

文学

完盗オンサイト

完盗オンサイト

Icon user placeholder

ひで

とある会社のIT担当者です 釣…

話の流れがかなり乱暴。 でも、一気に読みたくなる娯楽活劇?的な勢いがある本でした。

約1時間前

夜の写本師

夜の写本師

7d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf

じゅんた

ひとこと備忘録 ハードカバーが好…

荒削りの様な所もあるが、読了後の満足感に浸れる作品だった。 これでデビュー作と言うから驚き、他の作品も読んでみたい

約12時間前

5cc7980a 4cef 4104 80ca 8c4ee643fcc27b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4Fa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002
ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記

ブラック・ジャックは遠かった: 阪大医学生ふらふら青春記

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

医師と作家という二つの顔を持つ久坂部羊の、阪大医学部時代を中心としたエッセイ。 試験はカンニングで乗り切り、時に放浪の旅に出て、時に芸術に没頭した大学生活は、読んでいて楽しくなった。 が、何より読んでいて心に残ったのは筆者が研修医時代の話。患者に感覚が近い研修医だからこそ感じる、ベテラン医師が行う医療への違和感がリアルに描かれており、真の医療とは何かと考えさせられた。 「〝良い医師〟、〝優秀な医師〟とは何か。その問題は今も私も悩ませている。」

1日前

Icon user placeholderD9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1F3bc9b8c 78a6 441a b160 2a838b68dcf9