51 x0prnrel

コメント

意外と一つ一つのコラムのボリュームがあります。芸能人の書く本にありがちなスカスカ感はありません。

その他のコメント

は〜面白かった。
体を張って女芸人街道を突っ走るいとうあさこのエネルギーと、初老の体を引きずる哀愁のバランスが何とも絶妙。

読者

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7edA0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a00262ceb e827 42de bd86 ac14d3202585 3人

文学

堕落論

堕落論

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

もう作家ではなくて教祖なのだから、不確かに変質してしまう心配はない。それは同時に、生者と死者にあてはまる。惚れてもいない女と心中してみる。こちら芸道の身悶えである。特攻隊は虚構。だとしても何故若者の死を無意味とするのか。わかった気がするとこだけ並べてみた。むつかしい。

約4時間前

640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff63245ee8 3e59 4747 b44c dcdb38723c708f997df3 7220 420d 8e33 ee2e48d5a7fa