61bbztpfkml

夏合宿終了&IHへのカウントダウン開始! インターハイ本選目前・夏合宿。 尼僧・寿慶に「インターハイは諦めなさい」と告げられた手負いのエース・真春... 続き

コメント

ここしばらく特訓モードが続き、ややもすると盛り上がりに欠けていた感があったけど、夏のインターハイに向けて俄然テンション上げて来た。これまで読んで来てホントに良かったなと心から思えた一冊。

このメンバーで戦える最後の大会を前に、丁寧に紡いで来たキャラクター描写の積み重ねが効くこと効くこと。一巻丸ごと使ってサブキャラのエピソードをてんこ盛りにして来るとは予想外だった。泣ける。

26巻かけて広げて来た物語の風呂敷をようやく畳みに来た印象がある。物語が畳まれる直前の、一番世界が広がった瞬間を描いた巻だったと思う。これから如何にして作品を収束させていくのか目が離せない。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a83566a669f9 e2ca 42fe b60d be81d959d2fc

こざき亜衣の本

あさひなぐ(1)

あさひなぐ(1)

7cebc886 8ba6 47ef a4c7 f5190c3de05d

わた

ミステリーと純文学がすき!

作画、演出、脚本、キャラクターの微妙な心理描写、どれをとっても非が見当たらない。 薙刀というマイナースポーツを漫画として描くだけでもすごいのに、薙刀を通して登場人物たちが喜び、悔しがり、挫折しながらも成長していく様子が鮮明に描かれている。 彼女たちが息を止めれば読んでいる私も息を止めてしまう。それほどまでに世界観に引き込まれる。 決してキラキラと輝いて美しいだけの青春はここにはない。だが、「部活」というある意味特殊な環境において、これこそが本当の青春なのだと思う。きっと1巻買ってしまえば、あっというまで最新刊まで読み進めてしまうに違いない。

約1年前