51x%2bvxxaril

みんなと同じ働き方はあきらめた。 30歳まで自分のためだけに生きてきたぼくは、 大切な人のために全力で本をつくってみようと思った―― 「夏葉社」設... 続き

コメント

人が、本が、本屋さんが、好きだ。
ひとりの人の、たくさんの想いが詰まったこの本を、時々無性に読み返したくなる。
この本に出てくる皆さんは今どうされてますか、島田さんはお元気ですか、私はこの本を初めて読んだ頃と変わらず本を読みながら通勤してます、まちの本屋さんに通ってますよ、と話したくなる。

その他のコメント

これほどまでに、読書で涙が止まらない事があるだろうか。著者の魂が伝わる良書。

本が好きで、本屋が好きな人には涙が止まらない本になると思う。落ち込んだ時に読み返したい名作。

読者

9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935dE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fE5025a54 612f 48e1 ba68 8e8327da4aeaBd14ecbc 6f9f 4465 92fc b113188ab9eb470fe9fb 70e0 4f4c a7ec 4115ac19979f2475a89c 9503 4b08 b347 6ab2bb887440E0653cbb dde2 4174 9b68 a3e17d6fe915E16dc11b 7f06 44e2 878a dbdbe3eb97ac 25人

島田潤一郎の本

じぶんの学びの見つけ方

じぶんの学びの見つけ方

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

なにも学び=勉強ではない。他国の習慣や最近ハマっていることからの気付きを学びととらえたエッセイ集。とても思考がやわらかく楽しくなる本。素晴らしい!

約4年前

88697571 6eb6 4bc7 98e9 7953b5d4c095Cb34b2b3 79d5 4a61 8dbd e287339ddabfIcon user placeholder 8