51q2mpezd3l

一緒にご飯を食べる、その時間さえあれば、悲しいことも乗り越えられる-幸福な食卓、運命の料理とのふいの出会いを描き、深い感動を誘う、7つの物語。 続き

コメント

わたしも「ぶたばら飯」食べたいなあ

とても優しい気持ちになる、なんだかお腹のあたりがほっとあたたかくなる、そんな本。大好きな一冊。

その他のコメント

ほかほかで、ぽかぽか。
(あなたと食べたいオヒルゴハン)

読者

E344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4755b445b 6724 42aa a1da ff3b2f0c54d518943e7e d96b 475d b5a0 61f8c42443a81ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a980d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15a55726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e77242e2ba7cf aea0 408d aa3e 8b4cf007884153e40bc2 f249 43d8 88dd 0d4b900b2a8a 18人

小川糸の本

ミ・ト・ン

ミ・ト・ン

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

各国それぞれにいろんな風習や考えがあって 本書はラトビアという国がモデルになっていて 国の全ての人がいろんな場面でミトンをはめている 女性が編み 旦那さんや両親や親戚、はたまた近所の人にまで 作ってプレゼントする 日本でいう八百万の神と同じで 物にもその辺にある石にも全てのものに神が宿っているという考えから ミトンに願いを込めて神の模様を編み込んだりしている 物があまりなくても心豊かに過ごせるのは 神への信仰や感謝の気持ちがあるからでしょうか

約1か月前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef095de8f5 82de 46d5 8114 73ff7f72a76fF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 18
卵を買いに

卵を買いに

6af8b131 1947 49e2 8ca4 bb340709c6fd

現代小説、エッセイ、詩歌を中心に…

素朴であたたかみのある表紙と気になる帯に惹かれて購入。度々挟まれる政治色のつよい文章に予想していなかったため少し身構えてしまったが、可愛い犬のゆりねちゃんと、ページから美味しそうな香りのするごはんのエピソードには大変癒され、そして腹ぺこになってしまった。ゆりねバーグ、気になる木……。

2か月前

キラキラ共和国

キラキラ共和国

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

前作とともに何となく読まず嫌いしていてもったいなかったなぁ。美味しい食べ物が出てくる小説は内容もいいと思っています。美味しいものたくさん、好きな文房具もたくさん。キラキラってどうなのよ〜と思っていたのですが、前作の『ツバキ文具店』を読んで納得でした。

4か月前

Icon user placeholderFdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35deIcon user placeholder 48
サーカスの夜に

サーカスの夜に

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

病気のため、13歳で身体の成長が止まってしまった“少年”。このままでは人並みの仕事をして生きていくのは難しいと判断。グランマとの生活を飛び出して、サーカス団に飛び込みます。 団長の息子として生まれたものの、性転換した綱渡りショーのスター、身体の一部がくっついている双子、声が出なくなった元オペラ歌手、空飛ぶペンギンなど、個性的なメンバーに囲まれてサーカスのルールを学んでいきます。 身体が小さいため小回りが効くと重宝してもらえますが、仕事はコックの助手とトイレ掃除係だけ。舞台に上がる日は来るのか、その前に、自分には何ができるのか。 足元ではなく、その先の一点を見つめることで生じる自分だけの宇宙。未来を信じて進もうとする少年の一年が、穏やかなのに劇的です。

6か月前

Dd0554e5 202b 417f 9fd0 de024e7b350f73e569ba ef41 4c6b af86 09e3b1491223A17e4d54 a885 4074 9743 0c029bbc6aa0