51q2mpezd3l

一緒にご飯を食べる、その時間さえあれば、悲しいことも乗り越えられる-幸福な食卓、運命の料理とのふいの出会いを描き、深い感動を誘う、7つの物語。 続き

コメント

その他のコメント

わたしも「ぶたばら飯」食べたいなあ

とても優しい気持ちになる、なんだかお腹のあたりがほっとあたたかくなる、そんな本。大好きな一冊。

ほかほかで、ぽかぽか。
(あなたと食べたいオヒルゴハン)

読者

1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a90ae2bf21 c751 4f74 9e65 32db1526008bIcon user placeholderIcon user placeholderCbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921844c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5C0090ae7 73c7 4ae1 bb38 c0aaad78b49f04c8a5c6 bb9e 4ae1 890e d75aa82176d5 25人

小川糸の本

キラキラ共和国

キラキラ共和国

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

ツバキ文具店の続き。 大切な人の死と向き合う辛い事も、鳩子さんをはじめとして周りの人々の穏やかさで優しく描かれている。出てくる食べものも、相変わらず美味しそう。

14日前

卵を買いに

卵を買いに

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

小川糸さんのエッセイ。 海外で暮らしたり、北海道へ旅行に行ったり、わんちゃんとののんびりした生活。 あこがれます。

6か月前

3e6d2ad8 fb13 4fc9 80ce 48e366b45e5356758e32 65db 4e8c b56e 9ee9a58a6a2cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac
ツバキ文具店

ツバキ文具店

38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21

bitte

本の虫

親の心子知らず 失くした後に気づいても、遅いけど、 遺してくれたものがある 紙に書くって心の整理になるのかもしれない 鎌倉に行きたくなります

10か月前

88ed35ad e897 42e2 a797 f2b9004e85993c7075ea f09f 43de 9f5d 2e48b1586e1eA9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696 98