61v2lkzb0xl

かつて中央アジアに存在した海。塩の沙漠となったそこは今、アラルスタンという国だ。だが大統領が暗殺され残ったのはうら若き後宮の女子のみ。生きる場所を守るため... 続き

コメント

タイトル通りの青春群像的で、ややこしい紛争物語をエンタメに昇華しており、サクサク読めてしまいます。クスッと笑える要素はもちろん、登場人物がとても魅力的に書かれている。久しぶりに映像化して、映画として見たいなぁと思わせられる作品でした!

アラル海にできた国で、色々な背景を持つ後宮の少女が活躍するお話。
話は都合よくテンポよく進んで行って、読みやすいです。歌の歌詞では、さほど感動できないかったのは、私の知識が足らないからでしょう。
最後の方はチョット都合よすぎかも。まあ、良しです。

読者

67b39fbf f825 4fba 81c1 72348fe9cd28E14827be 9cc9 4ac4 a7d0 6b0876dbf6e6705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01acIcon user placeholder52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffbC9bfa862 ee91 4a8b 89c7 3446bbeb2117 14人

宮内悠介の本

宮辻薬東宮

宮辻薬東宮

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

豪華なメンバーの書き下ろしアンソロジーです。 落とし所が皆さんそれぞれなので、ドキドキしながら読みました。

8か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a69684d1a374 bc29 4c2e b929 01982e9a9690
エクソダス症候群

エクソダス症候群

28bebfeb 0345 42a3 bd34 c659b284ef31

サイカワモエ

本と本棚好き。

宮内悠介の初の長編。火星を舞台にした精神病院のお話。宮内さんの作品は、自分の読書リズムと合っていて、スラスラ読めて心地良い。ストーリー自体は深くて重いのに、不思議です。これからも、追い続ける作家のひとりですね。

8か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e31198fe97a3 3898 4734 8940 4617f6aa6860A14b0e0b ffd8 4371 b4ed d571feeaa2ee