61v2lkzb0xl

かつて中央アジアに存在した海。塩の沙漠となったそこは今、アラルスタンという国だ。だが大統領が暗殺され残ったのはうら若き後宮の女子のみ。生きる場所を守るため... 続き

コメント

アラル海にできた国で、色々な背景を持つ後宮の少女が活躍するお話。
話は都合よくテンポよく進んで行って、読みやすいです。歌の歌詞では、さほど感動できないかったのは、私の知識が足らないからでしょう。
最後の方はチョット都合よすぎかも。まあ、良しです。

その他のコメント

タイトル通りの青春群像的で、ややこしい紛争物語をエンタメに昇華しており、サクサク読めてしまいます。クスッと笑える要素はもちろん、登場人物がとても魅力的に書かれている。久しぶりに映像化して、映画として見たいなぁと思わせられる作品でした!

読者

5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1De620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a3d437fea 342c 4cf9 a28d 4d321b487c1aD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f986967b39fbf f825 4fba 81c1 72348fe9cd28E14827be 9cc9 4ac4 a7d0 6b0876dbf6e6705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5F641a934 f62f 4480 bb7f 19efa26b01ac 18人

宮内悠介の本

うっとり、チョコレート

うっとり、チョコレート

81ca1b53 736e 43a7 b353 075e2b6342c8

mana

喜怒哀楽の怒がない世界

チョコレートを切り口として、エッセイストや小説家、タレントの文章が一堂に会しました!という作品。 勉強になった。 そして、ああ人の感性ってばらばらで雑多でわけわかんなくて、 だから人と話すのは面白いんだなぁと思った。

約2か月前

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d2921848361a42b c96a 48a7 b536 1855e6c2d3d6 16