Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51g9b5lp9ll

陸上部の名物顧問が転勤となり、代わりにやってきたのは頼りない美術教師。部長の桝井は、中学最後の駅伝大会に向けてメンバーを募り練習をはじめるが……。元いじめ... 続き

コメント

三浦しをんは青春小説の傑作と評した

多感な時期である中学生の駅伝なんて、いろいろある。いろいろありすぎる。
それを一つ一つ乗り越えて、襷を繋げていく。なんて素晴らしい作品だろう。
「『青春小説の傑作』などと、よくある表現は使いたくない。しかし、たしかに傑作というほかにない作品だ。ーーー三浦しをん」
まさにぴったりの言葉。読後の満足感は最高。

中学駅伝で6人それぞれの思いを乗せた襷を繋ぐ。中学ならではの様々な悩みや思いを共感できる部分が人によってはあるのではないか。むしゃくしゃしたら走ってみよう。

余裕がある様に見える人とか、怖い人とか、小難しい人とか、一見自分とは違う世界にいるような人でも、実は中で色んなものを抱えているのかもしれない。中学生であれ大人であれ、それは同じである。

でも走るってことをきっかけに、その殻を破れたり、お互いの意外な一面を知れたりするのは、中学生だけだろう。
そんな中学生達が眩しすぎて、少しだけ切なくなってしまった。

読者

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Icon user placeholder0402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a00330d952e 6d48 4190 8adb e6c73f20886fE13093ee 1df3 4ff4 9b9a 98d18d2084b915fea761 1ecc 4f2c 9bad 17edd272b21c76fb2d50 ff3b 41bf 8f11 cc5df6f99d63Bd0de724 a96a 4d3a 9dec f2c5c2dfb449 18人

瀬尾まいこの本

君が夏を走らせる

君が夏を走らせる

Ad47faf1 f79d 468f 9bd2 444ce25056fe

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

16歳の主人公が 先輩夫婦から 出産で入院するため 1歳10ヵ月の長女 鈴香を 1ヵ月間 先輩が仕事に行く朝から帰ってくるまでの時間 面倒を見るというバイトの話を持ちかけられる 子育て経験もない主人公は 絶対無理だと断るが結局引き受けることになる話 最初は何もかもがうまくいかず てんやわんやしているから 思わず手伝ってあげたくなる だけど 絆が出来てくると 人の子でも可愛くなってくるから 小さな子って侮れない

約2か月前

僕らのご飯は明日で待ってる

僕らのご飯は明日で待ってる

A0cdfa53 e259 4f1c 96c0 2fe3163259e1

Kazuki Saito

女子大生

「入院して思ったんだ。会いたい人とか一緒にいて楽しいって人って何人かいるけど、でも、いろんなことを平気にしてくれるのはイエスだけだって。イエスがいたから点滴なんて朝飯前になったし、あんなに恐ろしいって思ってた手術も余裕だった。なんでも大丈夫にしてくれるのはイエスだけだよ。そう思ったら十分一緒にいる意味がある」 と言った小春のこのセリフ。一番ぐっと来た。 わたしが入院したときとおんなじ。わたしはこの感情を祖母に思った。でも手術前は誰といても現実逃避したくなったし、なんでこんな目にあわなきゃいけないの、って何度も泣いた。 つらいこともあなたといれば朝飯前、そんなに想うことのできる相手といつか一緒になれる日が来たらいいな。

約1年前

B3bc024c 3e45 4d54 8184 d0b5f9e1ef8e412123e2 c4e2 4846 927b 6b68548f58f41b6a81c0 7b93 4961 a437 65bec3f27d02
幸福な食卓 (講談社文庫)

幸福な食卓 (講談社文庫)

08f10434 8670 4c74 8bc4 88920ba2d74f

ともざえもん

イラストのこととか、小説のことと…

父親を辞めると宣言して仕事も辞める父、天才と騒がれながらも少しずつ人生がずれてしまった兄、夫の自殺未遂の責任を一身に感じて家出した割には食事の支度をするためによく顔を出す母、そんな変わった家族と暮らす佐和子。 ちよっと不思議でちよっと鬱陶しくてちよっと切なくて、そして優しい家族のキズナの物語。

1年前

73bcff32 87f3 41c7 b87c 27d1f1b2a87bD27101ca f3e0 4fa1 91ee e002c3fd06a47eea9519 6f57 41e9 a60b d25374c2ec9e 22