51jfwax8nyl

コメント

最初の短編、2つは切れ味が鋭く面白い。

悪魔の話は、特にユーモアがきいてて好き。

その2つ以外は、わりとハズレ。
つまらなくもないが「平凡」というか、駄作。

短編集なんで、最初にハズレがないだけ親切な構成かも。

最後の作品、脳内ちゃんねるは、ダラダラと長いだけ。

この話は、半分にできるだろう。

それで、もう一編ぐらい話を入れて欲しかった。

その他のコメント

さくさく読める、ブラックユーモア短編集。

最後の作品「脳内ちゃんねる」が、煩わしそうだけれどちょっと羨ましい気持ちにもなりました。

ミステリーの読み切り短編集。タイトルになってる話など、不思議で、ぞくっとするようなショートストーリーがあつまっている。
深く内容を理解できないものもたまーにあったけど、読み切りでサクッと読める気軽さもよい。

読者

74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b4877d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a48a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597 3人

新刊

赤銅の魔女

赤銅の魔女

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「オーリエラントの魔道士」シリーズ。最新作〈紐結びの魔道士〉三部作の① オーリエラントのどの時代かなと考えていたら巻末に年表があった。 シリーズを読んでない方は、この〈紐結び魔道士〉三部作から読み始めても充分楽しめる。 シッカリした設定と際立つキャラクター。其々の特徴ある魔法。ファンタジーあふれる世界だが、フワフワしてないのが、私は好きだ。 悲しい事辛い事は、容赦なく起こる。魔法だろうが何だろうが人生ってそうでしょう。そして特殊な能力を持つ者は、只の人より苦しむ事が多くなるのだろう。紐結びの魔道士リクエンシスが、立ち向かわねばならない闇を考えると心が痛む。 リクエンシスが心惹かれる「赤銅の魔女」が、如何に成長するのか。「剣」と「呪い」の真相は?次が楽しみだ。

約2時間前

愛と呪い 1

愛と呪い 1

4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dc

magico

だいたい路上を徘徊中 本のある空…

同じ時代を同年代で過ごした自分にとっては忘れたままにしておきたかった当時の空気感が纏わりつくように蘇った。

約13時間前

3c362e5a 4290 4a58 ae45 04f6eed71eb2C245eef0 ab04 466d 96c4 2d7e77a8e3a0Icon user placeholder 19
「好きなことだけやって生きていく」という提案

「好きなことだけやって生きていく」という提案

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

「好きなことをやって生きていく」 ことができそうって思わせてくれる本 世の中のすべてのことは自分につながっている ということに気づいて いろんなことに興味を持って 自分ごととしてつなげていって 好きなことを増やしていくなかで 自分の物語をはじめていくんだというお話(^^)

約17時間前

D3a1fc53 8970 40a5 9c57 745a7835452680bbd417 a182 4d51 96e6 7e486d054774C9341471 f9e0 4aac 89c3 0dc8d8a39c47
アメリカン・グラフィティから始まった

アメリカン・グラフィティから始まった

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

『アメリカン・グラフィティ』の劇中に流れる曲を、サウンドトラック盤未収録の曲含め解説した254ページにわたるライナーノーツ。十代の若者らが大人になる過程を描いた映画なのか。アメリカという国が混乱を経て成熟へと向かう過程を描いた映画なのか。酒とタバコとロックンロール。明け方のドラッグレース。ドーナツ盤の英雄達の多くは早死にした。登場人物達もまた。成熟する前に訪れる唐突な死。ドナルド・トランプを産んだアメリカは「もう大人になろうなどとはしてないのだろうか」。夏は必ず終わる。エンドレスじゃない。次へ行こうぜ。

約18時間前