51jfwax8nyl

コメント

ミステリーの読み切り短編集。タイトルになってる話など、不思議で、ぞくっとするようなショートストーリーがあつまっている。
深く内容を理解できないものもたまーにあったけど、読み切りでサクッと読める気軽さもよい。

その他のコメント

最初の短編、2つは切れ味が鋭く面白い。

悪魔の話は、特にユーモアがきいてて好き。

その2つ以外は、わりとハズレ。
つまらなくもないが「平凡」というか、駄作。

短編集なんで、最初にハズレがないだけ親切な構成かも。

最後の作品、脳内ちゃんねるは、ダラダラと長いだけ。

この話は、半分にできるだろう。

それで、もう一編ぐらい話を入れて欲しかった。

さくさく読める、ブラックユーモア短編集。

最後の作品「脳内ちゃんねる」が、煩わしそうだけれどちょっと羨ましい気持ちにもなりました。

読者

74152db9 0bae 4b7b b9f5 1e89f1f42b4877d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a48a3718e0 3761 4b9c b4ed 829fd37e9597 3人

新刊

まよなかの青空

まよなかの青空

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

貸切の時だけ走る二階建ての電車「あおぞら号」 その電車の中で “ソラさん” に出会うと幸運が訪れるとか願いが叶うと言う噂がある 小学校の修学旅行で乗ったあおぞら号でソラさんに会ったという主人公の竹宮ひかるに 亡くなった父から携帯番号だけが書かれた手紙が届く かけてみたら 昔母親に内緒で会っていた男の子だった その子と一緒に昔会ったソラさんを探すことになる いろんな人と出会い みんなが繋がっていくたびに ちょっとずつ明らかになっていく過去 だけど誰もがソラさんになり得ることがわかって 関わったみんなが少しずつ幸せな方向へと向いていけたのが ソラさんを探した甲斐というものだ

約17時間前

HOSONO百景: いつか夢に見た音の旅

HOSONO百景: いつか夢に見た音の旅

0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c

小説/デザイン/美術書など コメ…

0101 2019/03/24読了 細野晴臣、そんなにわかってないけど、表紙絵に惹かれて読む。 とりあえずはっぴぃえんど聴いてみようかな。 どこかに本当に行かなくてもイメージすることは音楽のクリエイションにつながる 音楽や映画の旅ができて楽しかった。

約17時間前

ファーストラヴ

ファーストラヴ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

家族の中の常識でがんじがらめになってしまう子供。誰にも知られることがなく、病んだ大人になってしまう。 出逢わなければならない相手に、出会えなかった子供。 事件に絡めて真壁先生の人生が語られて、読者を引っ張っていると思う。 出会えた人と出会えなかった人の対比が虚しかった。 事件を多方面から問題定義しています。 以外に読後感はスッキリです。

約20時間前

Ea490884 4b10 49c4 9084 b1c9aee2667d5ab95e8b 7771 43d1 aaef 02b5193523b1F4203be0 41e6 49bd 8c12 dc29baeda02e 80
津波の霊たちーー3・11 死と生の物語

津波の霊たちーー3・11 死と生の物語

79db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd

kuwa

小学生を相手に、日々働いています…

字が小さい。とにかくぎっしり詰まった本。 唐突に別の内容が始まったり、タイトルと中身が合っていなかったりして、非常に読みづらかった。 ただ、内容は一読の価値あり。 大川小のくだりはメディアが公開している以上の情報はなかったけど、様々な人の証言は当時の凄惨さを思い出させてくれた。

約20時間前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cIcon user placeholderFf3bda69 7b4f 4718 b4d0 19ab36a29788