41sks6zoeel

コメント

涙なしに読めずして、どうにもなかなか読み進まない。1年前の失恋の傷が未だ癒えていないのを再確認。歌と俵万智の言葉により、心ん中のどろどろした部分はやわらかく昇華されてゆく。「たとふれば心は君に寄りながらわらはは西へでは左様なら(紀野恵)」
(最後に野田秀樹の解説読めば恋のリハビリは終了です。)

このアプリで知って。
短歌って、手紙のようにも、エッセイのようにも、詩のようにも、あと自分に向けた日記のようにも、すごく奥行きのあるものなんだなぁと思った。

2018年59冊目。編んだ、っていいなぁ。 / 20180331

読者

C81489ea 16b1 4629 b1e9 4b9077521f9aIcon user placeholder40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f166098f9d61e6 b7d3 4469 851b b1359087aec43bf82bef c2a8 496f b102 52e6fc0ef964Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269C1b7ea90 e5a8 4c3c 94ef f711adf6c4d7Bb77a203 38d7 401d 989e 526a34e1cf3d 10人

俵万智の本

プーさんの鼻

プーさんの鼻

40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609

ほんのむし

2018年88冊目。「短歌は私のなかから生まれるのではない、私と愛しい人のあいだに生まれるのだ。」20180703

14日前

みだれ髪―チョコレート語訳

みだれ髪―チョコレート語訳

B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

通勤電車内で毎日読んでいた。今の時代でさえハッとしてドキッとする大胆な表現の短歌に目を奪われる。晶子がデビューした時に歌壇に与えた衝撃の大きさを思うと…震える…!!晶子がこれほど情熱を燃やした鉄幹てどんだけ良い男なのかしら、ここまで心酔する恋愛って羨ましいなあと憧れてしまう。俵万智のチョコレート語訳があるから、これまでより晶子の歌が身近なものに感じられた。

8か月前

Icon user placeholder97973827 cd79 4f24 b572 f8917c56cffaAac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269 11