51ynp8okp2l

コメント

人間が何かを食べると、消化器で栄養を吸収する。が、胃が溶かした乳糜の栄養を腸がそのまま吸収するわけではない。吸収を助けるのがウヨウヨいる細菌たち。そうした細菌の働きこそが、人間に栄養を与えているらしい。それどころか、脳の調子と腸の具合には深い関係があることもわかってきたという。むしろ、腸が脳の調子を決めてるほどの関係らしいというんだから相当なもの。
それほどまでに影響の大きい人体の微生物環境に対して我々はいまや大きな曲がり角に来ている。それは抗生物質や除菌を謳う商品たち。人類に大きな恩恵をもたらしたが、その効力がときに有用な菌までを殺してしまうという副作用があるからだ。
そうした微生物環境の変化をどうやって元に戻すか、あるいは活性化していくかはいろいろなやり方があるそうだが、繊維やいわゆるプロバイオティクスの摂取などのほか、健全な人の腸内細菌叢の移植、ようするにウンチの移植が有効なのだそうだ。
原題は10% human。細菌がいなければ我々はそんな程度でしか人間でないということか。ん、そしたらシンギュラリティ後に人格をコンピュータに移植することはできなくなったりするの?
デイビッド・モントゴメリーの『土・牛・微生物』では農業における微生物の重要性が説かれていたが、もちろんそこから食物を得る私たちにも重要ってことだ。読書の楽しみはこうした関連を見つけることでもあるよなー。ちなみにネコにとってはどうなんだろ。飼い主としては気になるけど。

その他のコメント

私達の腸には約100兆個の微生物がいる。
およそ2000種類の微生物のバランスが、身体(脳も含む)に影響を与える。体質や思考、行動を支配しているとも言える。

私が毎朝飲んでいるシロタ株は400億個、1種類である。
上記の腸内環境で争うには無力ではないのか?
それも書かれている。

最新の医療では、健康な人の腸内細菌を、病気に苦しむ人の腸内に移すことで、症状を改善させられるのだとか。つまりアレを移すわけですね。

まだまだ未開拓な領域だけど、面白い研究だと思う。

これを読んだら寂しくなくなる。お腹の調子だけじゃなく、風邪や肥満や知的障害や性格や行動も細菌達が影響してるのかも。

彼らが元気に生きれるように私も生きる。

読者

Da57d487 f041 4c5f 9ab5 8d767f9242ed0e16af16 568a 437b 9407 33b7a386f39c20f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a520Icon user placeholder1ef961b3 81f0 49f8 9519 151b6992948a95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b11939fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b108e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622 29人

科学

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

鳥類学者 無謀にも恐竜を語る

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

鳥類がやがて恐竜になった?本当? 始祖鳥の化石を見ろ?ティラノサウルスにも羽毛のようなものがあった? んー、読む前からワクワクするなー。 抱腹絶倒の知的好奇心って何だ?

約1か月前

27d1eeb4 f360 43e6 92bd b938b2b04506Icon user placeholderIcon user placeholder 8
鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

新潮45での連載をまとめた作品。 短いエピソードが連なり、そのどれもがクスッと笑える小話のようなもの。興味深く珍しい鳥類の生態が細かく書かれている訳ではなく、この業界を面白おかしくサラリと話してくれる、そんな学術的エッセイ本。 いい意味で軟派なタッチ。堅苦しくない難しいお話が読みたい人向け。もちろん鳥は好きです。

約2か月前

C0b12dbb 5307 4c85 a93b 1b27f63abe570970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a9eff2376 715a 48e6 adbf 153adfada9e0 29