51aoj2uiinl

「書くこと」に囚われた三人の女性たちの〈本当の運命〉は――新人作家の國崎真実は、担当編集者・鏡味のすすめで、敬愛するファンタジー作家・森和木ホリーに弟子入... 続き

コメント

読者

87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac568df437 3f78 4b41 b3cc 741955579aea 3人

大島真寿美の本

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

渦 妹背山婦女庭訓 魂結び

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

大阪道頓堀浄瑠璃作家・近松半二の話。 全編大阪弁で語られる本も珍しい。歌舞伎より有名だった、浄瑠璃。今では、なかなか見る機会がない。 半二の浄瑠璃愛に飲み込まれそうになったが、「お三輪」の独白は必要だったのか?

5か月前

1d65c4c2 df5e 4182 a2c6 ab2f3f8f31b894c036c0 adbc 4c28 9dc8 6b5c563bea90Icon user placeholder 12
かなしみの場所

かなしみの場所

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

ずっと放置していた本、ようやく読了。 大島作品は設定が現実離れしているものも多く、これもその部類かもしれない。 でも一貫しているのは「生」。「死」ではなく。今の自分には穏やかに響いたお話。

2年前

ビターシュガー

ビターシュガー

68400bb6 0285 4159 a455 8ec533e6c88f

kumiko

本を読むのが当然ですが好きです

大人の女性の恋愛の事情。離婚経験者の女性3人と別れた亭主たちと中学生の娘が絡み合うお話。サクサクと読めて面白かったけど、6人の絡み合いがイマイチ把握できてない…

約3年前