51kxpd0yeil

元AKB(篠田麻里子)が広告塔だったアパレル 創業500年の超老舗和菓子店 急成長が仇になった花形ベンチャー企業―― 誰もが知る「あの企業」はなぜ倒産し... 続き

コメント

1件1件は思いの外さらっとしているが、多岐にわたるケースがありとても勉強になった。

その他のコメント

会社の倒産。他人事と思ってはいないだろうか?

「対岸の火事」という言葉があるが、あなたの会社は大丈夫と言い切れるだろうか。

この本は帝国データバンクの調査マンが記した本である。

高齢化が進み4人に1人が65歳以上と言われる日本で老人ホームや病院が倒産するケースが後を絶たないのは何故?

見込違いの倒産から、詐欺まで様々な理由で会社は負のスパイラルに飲み込まれて行く。

読者

Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01Icon user placeholderIcon user placeholderE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cD9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5 17人

ビジネス

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残…

凄く良い本。 でもね、表紙がダサくて、損している。 というより、このダサい表紙のおかげて、必要としている起業家志望の人達の興味を遠ざけている気さえもする。 主にアメリカで売れているみたい。 日本では「知る人ぞ、知る」みたいな本としてのポジション。 出版社の意図もあると思うけど、表紙の作り方は失敗だと思う。 ダサい表紙に挫けずに、本の中身は読んで欲しい。 特に、個人事業主、フリーランス、起業を考えている人、起業して間もなくの人、には無条件でオススメ。 読みやすい本なので、とにかく読んで欲しい。

約5時間前

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8D5210a89 4ecd 4197 93ea ed2e920cdf98 10
ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4

GTR

何か言いたくたる本にコメントを残…

この本に出会って「モーニングノート」を3年以上も習慣として続いている。 この「頭に浮かぶことを、排水するように紙に書いていく」というのは、単純ながら気持ちがいいもんだ。 私としては、ストレスコーピングとしてやっている部分もある。 とこかで「モーニングノートだけを書いても文章のスキルは上がらない」という批判を聞いた。 確かに、文章のトレーニング方法と考えら、他にもっと優れた方法はあるだろう。 でも、創造主として自由になる、シンプルで強力な方法。 としてモーニングノートを捉えたら、これ以上の方法は滅多に無いと思う。 アーティストデートは「自分が好きなもの」や「創作物に定期的に触れないで過ごす」という体験をほぼした事無いので、効果は実感できない。 交流分析で言う「人間関係のストローク」は定期的に感じる必要があるように「創作物や、クリエイティブな波動」を感じ続けるのは、良いことだと思う。 昔に比べて、情報が簡単に手に入る世の中なので。 もしかしたら、現代人は創作物に触れすぎているので、栄養の過剰摂取が肥満になるように、クリエイティブを過剰摂取しているのかもしれない。 今のクリエイターには「アーティストダイエットが必要かも」と、再読をして感じた。 この本は、若い人や「創造性を忘れてしまって思い出したい中年」には、特にオススメしたい。

約5時間前

Icon user placeholderD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3cIcon user placeholder 21
ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術 もっと自分を好きになる! バレットジャーナル完全ガイド

ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術 もっと自分を好きになる! バレットジャーナル完全ガイド

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

バレットジャーナル本二冊目。こちらのほうが自分にはあってたかな、と思うのは「基本」と「発展」の並列配置。誰もが「フツー」と思うメモも、ホント人それぞれで、ちょっとした「ルール」の違いが納得できないことで「ノレない」体験があるでしょう?そこを乗り越えられるという意味ではカタイおじさんアタマを自覚しつつ天使と悪魔の間で揺れ動く「ライフハック難民」に効きそうな一冊。すでにヤチョラーで通してきた自分が「携帯性を凌駕する収納力」求めてロイヒ注文してみました。もっとカッコいいモジュールを!そうしたモジュラーを!と思うけど、ヒントはこの後生かしていこうと思った一冊です。もちろん、「2」には呼んでもらって大丈夫ですけど?

約7時間前

8d6aaa08 e74d 46e8 97c8 191412be9788Icon user placeholderIcon user placeholder