614m o9herl

謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声-古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリ... 続き

コメント

古い洋館に暮らす4人の女と1人のお爺さん。浮世離れした母との距離感が絶妙です。なにより、ミイラの活躍に笑いました!
「思いをすべて言葉にできた人間も、聞きたい言葉のすべてを相手から引きだせた人間も」いないのだから、未来の心配をするより、今日の幸せをしっかり味わいたい。だって「生きているのだから」。

その他のコメント

通勤読書注意‼️
腹筋が引きつるような薄ら笑いとジワっと涙が滲むページの連続です。しをんさんのこの手のお話は、読後必ず登場人物との別れが寂しくなります。半年後、また必ずこの本を手にとる事でしょう。またいつか続きも書いて❗️

杉並の駅から遠い古い洋館に住む母娘と娘の友人2人。プラス守衛小屋の老人。こまごまと事件は起こるけど地に足がついた生活をする様子が好ましい。後半唐突かなと思う展開、表紙の黒い羽と表題紙の絵に納得。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f53d97948 fc4f 427c 9974 bf0ba1af6c66Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a090a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce452337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f 29人

三浦しをんの本

あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

ゆるやかな女4人の日常を描いていて、何だかこの暮らしに憧れを感じてしまいました。楽しそう。 親族でなくても家族。 同じ空間にいて「いってきます」「おかえり」が当たり前にある家。それって最高! ファンタジー性もあって面白かったです。 私たちはすでにこの世にはいない多くのものに見守られながら生きている。 最後にそう教えてもらいました。どうもありがとう。

20日前

46baa3a2 b5d4 481f a76a 26f9ada3ac55B30ed6db d9e4 45a3 a5a5 03505f2b2f444039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25 31
愛なき世界

愛なき世界

14a52199 da97 40cb a533 3dfde535898e

とおこ

萩尾望都、ナルニア、羽海野チカ、…

しをんさんの本にしては珍しくなかなか進まなかった。読売新聞朝刊連載だったから、いつもより細切れで流れに乗れない感じだったのかな?話は面白かった。本村さんがアホかアッホーで悩むところから一気に読めた。「愛ある世界」だった。

約1か月前

Icon user placeholderIcon user placeholder569e1d7b 2faf 4f7f 87f5 41ef9f472d54 32
星間商事株式会社社史編纂室

星間商事株式会社社史編纂室

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

盛りだくさんなのに、ちゃんとまとまってるのがすごい。 ♯コミケ♯腐女子♯社の謎♯ボーイズラブ(おっさんずラブ?)♯企業ドラマ♯編纂室♯恋愛♯結婚♯友情 人生、沢山の事がいっぺんに起こる事ってあるよねぇ。

約1か月前