614m o9herl

謎の老人の活躍としくじり。ストーカー男の闖入。いつしか重なりあう、生者と死者の声-古びた洋館に住む女四人の日常は、今日も豊かでかしましい。谷崎潤一郎メモリ... 続き

コメント

タイトルそのまま、ずばりあの家に暮らす4人の女の生活ぶりが描かれていた。
カラスや河童、門番代わりの男性に、ストーカーもどきに強盗に。並べれば並べるほどなんじゃこりゃって思うけど、この全てがちゃーんと絡み合ってまとまるのが面白い!

その他のコメント

通勤読書注意‼️
腹筋が引きつるような薄ら笑いとジワっと涙が滲むページの連続です。しをんさんのこの手のお話は、読後必ず登場人物との別れが寂しくなります。半年後、また必ずこの本を手にとる事でしょう。またいつか続きも書いて❗️

杉並の駅から遠い古い洋館に住む母娘と娘の友人2人。プラス守衛小屋の老人。こまごまと事件は起こるけど地に足がついた生活をする様子が好ましい。後半唐突かなと思う展開、表紙の黒い羽と表題紙の絵に納得。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder70823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f53d97948 fc4f 427c 9974 bf0ba1af6c66Ee494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a090a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce452337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f 29人

三浦しをんの本

ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

約1か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab671d4d32da a507 47ba 8652 42cc57e24c8aA4ee550e 3e8b 4dad a2db a25c62be186f 52
あの家に暮らす四人の女

あの家に暮らす四人の女

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

ゆるやかな女4人の日常を描いていて、何だかこの暮らしに憧れを感じてしまいました。楽しそう。 親族でなくても家族。 同じ空間にいて「いってきます」「おかえり」が当たり前にある家。それって最高! ファンタジー性もあって面白かったです。 私たちはすでにこの世にはいない多くのものに見守られながら生きている。 最後にそう教えてもらいました。どうもありがとう。

4か月前

3bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bdaIcon user placeholderEb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c053 39