610ifaxxa%2bl

桜川衛と都築祥子。共に17歳。互いに好意を抱きつつも、一歩踏み出せずにいた。ある夜、家族不在の桜川家を訪ねた祥子は偶然、衛の日記を目にする。綴られる愛情の... 続き

コメント

若い頃の痛い出来事。自分にもかなりある。
思い出や行動がふとしたことをきっかけに膿として噴き出してくる時がある。苦くて恥ずかしくて死にたくなるような顔をしかめてしまうような。でもそれってほんの一瞬で。また繰り返してしまうものなのかもしれない。この本に出てくる衛と祥子もそういう出来事によって人生が変わっていった2人。もしかしたら登場人物の全員がそうなのかもしれない。11年後それを消化して前に進んでいく。それが正しい。私にとってもこれがベストだったと思う。

その他のコメント

桜川衛と都築祥子。たまたま目にした衛の日記に綴られる自分への重い愛。自然消滅になり再会した二人は。

読者

000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d85a067eed dd41 4cee 906b c13c7737a6d213e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101baIcon user placeholderFcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b927485A26871c0 3322 4824 ac4c f2717d6f8e120d7a3d40 9d2f 4a8b acd9 4ed531fb446bAba3704d c280 41c9 84da 0ac22748e82f 14人

平山瑞穂の本

忘れないと誓ったぼくがいた (新潮文庫)

忘れないと誓ったぼくがいた (新潮文庫)

1cd40a47 5477 4a45 b3fd 686480e6248c

Nora

ミステリーが特に好きですが、幅広…

忘れられる権利など、忘れられることは悪いことばかりではないと思うけど。大切な人については、忘れたくないし忘れられたくない。哀しくて切ない小説。

4年前

0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175614d9bd1d8 bc0d 4fb5 9fe5 b3b26c3f5b7eA20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32