41bx0fuafil

初めての息子の誕生から、ホロコーストを生き延びた父の死まで。七年の万感を綴る、自伝的エッセイ集。戦闘の続くテルアビブに生まれ、たくさんの笑いを運んできた幼... 続き

コメント

”ぼくは通りの真ん中で、息子が泣くのを見つめていた。「ちょっと」と、妻がぼくに囁いた。「なんかあの子に言ってあげてよ」
「言ってあげることはなにもないさ」と、ぼくも囁きで返す。「あの子の反応は正しいもの」”

こんなお父さんになりたい

その他のコメント

なぜか小説だと思い込んで本屋でジャケ買いしたけど、本当はエッセイだった。しかもユーモラスで深くて面白くて泣ける、素晴らしい文章だった。当たり前のことなのだけれど、テロや戦争ととても近い国や地域の人、宗教が異なる人にも、日常生活は、日々のかけがえのない時間は、流れているのだ。想像力を持たなければ。

読者

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3cE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b26f8034f e38d 42e2 9b13 2f242b3877b88580b2f3 a10c 4cf6 92b7 76d8d1bcde93B34cac5a 01ca 4493 95e7 bee2a969a01eC64ee4ab c710 4fea a859 9a826a78947bD487fe1c d403 4567 8828 809aeb6f9869544e88cd 1c2b 410b 8a0e bb50030efce3 18人

エトガル・ケレットの本